« 私達の幸せな未来の為に 3 安保条約の実態の一端。 | トップページ | 名古屋高裁判決に冷静に対応出来ず、混迷を深める政府与党。「裁判制度見直しせよ」の暴論。 »

2008年4月23日 (水)

名古屋高裁判決を「関係ねぇ」と発言し、それを許す政府の態度は、軍事大国を目指す勢力の本質を示しています。

 自衛隊のイラク派遣を巡る名古屋高裁判決は、政府の主張する法理論に沿って丁寧な検討をして、それでも、イラクでの戦闘部隊の輸送は、憲法の禁じる武力の行使に当たり、憲法九条違反だと判決を下したのです。そして確定したのです。
 この判決に対して、政府の取った態度表明は異常としか言いようが無いものでした。
 まず首相。 「これまでの対応を続けるということ」。
 次は外相。 「暇になったら、判決文を読んでみる」。
 航空自衛隊田母神俊雄幕僚長。 「そんなの関係ねぇ」。
 日本の高等裁判所の確定判決です。全文読んでみれば、政府の応対法理論に従って、丁寧な検討を加え、その上で、違憲判決を出しています。それを、暇があれば読むですとか、今までどおりとか、挙句の果てには、自衛隊幕僚長の関係ねぇ発言まで許したのです。これは裁判所の判断も関係ないという、具合の悪いことはいかに裁判所が定義しようが無関係だということです。ここまで勝手な発言が現在の時点で大きな顔して出ると、私は思うのです。戦争中に、いかなることを日本軍が行っても、絶対何事も認めないだろうなと。主権は絶対的天皇に在った時代。今の国民主権でも、権力者は認めないこと、それが天皇主権の時代に行われたことには、日本を軍事大国にしたい勢力は絶対認めないでしょう。一生懸命否定発言を繰り返すでしょう。従軍慰安婦問題でもそうです。
侵略戦争論に対しても、色々云うでしょう。南京事件でも嘘だと云うでしょう。今現在進行中のことでも、絶対認めない。気に入った判決には、直ぐうなずく人々ですよ。そして国民に強制する人たちです。
 ここに彼等の真剣に過去と向き合わない姿勢が現れています。現在の司法の判断を無視する人たちに、何が期待できるのでしょうか。彼等を葬り去りましょう。未来の為に・・・

|

« 私達の幸せな未来の為に 3 安保条約の実態の一端。 | トップページ | 名古屋高裁判決に冷静に対応出来ず、混迷を深める政府与党。「裁判制度見直しせよ」の暴論。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私達の幸せな未来の為に 3 安保条約の実態の一端。 | トップページ | 名古屋高裁判決に冷静に対応出来ず、混迷を深める政府与党。「裁判制度見直しせよ」の暴論。 »