« なんと無責任で、いい加減な政党でしょう。公明党は誤りを絶対認めない。尤も、それでなくては謀略政党が成り立たないのでしょう。 | トップページ | 本当に「嘘も千回」を始めた公明党は反国民の立場を鮮明にした。 »

2008年4月18日 (金)

私達の幸せの未来の為に。1.安保条約の真実を知ること。 

 日本が、六十年以上平和でいられたこと、誰も国家の命令で国民が死なずにすんだこと、他国の人を殺さないですんだこと。この事実をどのように見るかがまず一つです。そして、その連続にある筈の現在の日本にいる、アメリカ軍は何をしているのか?そこを知ることです。それには、日本にいるアメリカ軍が、アメリカにとって、どんな役割を持っていっる軍隊なのかを知らなければなりません。アメリカはいつも云います。「アメリカの利益になることなら、何でもする」と。日本に駐留するアメリカ軍は、アメリカの利益に役立のか?日本の為に駐留しているのか?日本を守るどのようなアメリカの兵隊がいるのか?そこを知らなければ、日本を守る為に駐留しているのか、単にアメリカの利益の為に駐留しているのか、判断が付きません。次回は、そこから訪ねてみましょう。

|

« なんと無責任で、いい加減な政党でしょう。公明党は誤りを絶対認めない。尤も、それでなくては謀略政党が成り立たないのでしょう。 | トップページ | 本当に「嘘も千回」を始めた公明党は反国民の立場を鮮明にした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんと無責任で、いい加減な政党でしょう。公明党は誤りを絶対認めない。尤も、それでなくては謀略政党が成り立たないのでしょう。 | トップページ | 本当に「嘘も千回」を始めた公明党は反国民の立場を鮮明にした。 »