« 大きな見通しと、当面の問題にどう向き合うか。これから二つのテーマを記事として取り上げます。 | トップページ | 塩じい、こと塩川前財務相も嘆く後期高齢者医療制度。 »

2008年4月17日 (木)

画期的、名古屋高裁判決。バクダット多国籍軍移送は憲法九条違反。確定に大いに励まされました。

 名古屋高裁判決は日本の裁判史上、画期的判決です。それも、確定判決です。自公政権も控訴できないのです。何故か。イラク派兵を問うた裁判なのです。イラク派兵は認めた判決ですから、自公は勝訴なのです。ですから控訴できないのです。イラク派兵は問題ないことも、私は違憲だと思いますが、バクダットは、紛争地域だという理由で、戦闘行動に日本が参加したのと同じ意味があり憲法に違反しているという判断に、心から嬉しいです。

|

« 大きな見通しと、当面の問題にどう向き合うか。これから二つのテーマを記事として取り上げます。 | トップページ | 塩じい、こと塩川前財務相も嘆く後期高齢者医療制度。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大きな見通しと、当面の問題にどう向き合うか。これから二つのテーマを記事として取り上げます。 | トップページ | 塩じい、こと塩川前財務相も嘆く後期高齢者医療制度。 »