« 結核患者増大にみえるネットカフェ難民の増大。低賃金、不安定雇用の罪悪。 | トップページ | 通称「長寿医療制度」に。厚労省が発表。制度発足の日にわざわざ通称を発表すること自体が制度破綻を示しています。 »

2008年4月 1日 (火)

私は思う。どんな思想でも良い。でも、歳を重ねた人をねぎらわない社会は、自らの進歩を止め、多くの人間性を破壊することになる。

 今日から施行された後期高齢者医療制度。
 全国に渦巻く怒りの声に包まれながら、発足したこの制度。これは、人間性を破壊する制度です。
どんな主義、主張を持っていても、昔から全世界で普遍的なこととして、大切にしなければいけないのはお年寄りではないでしょうか。例えば はったらかぬ~ 歳よーりは~は~やく死ね~ なんて訴えるオペラ在ります。もしかして何処かに在ったとしても、世界の多くの人々の共感は得られません。それは、同情論でもなければ、いわゆる優しさでもないのです。人間が何故この世に生まれ、何故生きねば成らないのか、その根源に迫る問題なのです。歳は普通なら誰でもが重ねます。その誰でもが将来迎える時期が老後なのです。その老後を、せめて精一杯生きたいと、楽しみも味わいたいと、そう思う心は当たり前のことでは無いでしょうか。それが実現できる社会なら、若い時の一時の苦労も耐えられます。将来は安心して生きられ、老後と言われる時期に成ったら、忙しかった働き盛りには出来なかったことや、したかった趣味も拡げられる。それが、人間の当然の道ではないでしょうか。
 私は伺いたい。この、後期高齢者医療制度に賛成だという人の意見を。でも、チャンと礼儀をわきまえたコメントしかご返事しません。
 人間は何故苦労しながらでも、後期高齢者に成らされなければいけないのですか?

|

« 結核患者増大にみえるネットカフェ難民の増大。低賃金、不安定雇用の罪悪。 | トップページ | 通称「長寿医療制度」に。厚労省が発表。制度発足の日にわざわざ通称を発表すること自体が制度破綻を示しています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結核患者増大にみえるネットカフェ難民の増大。低賃金、不安定雇用の罪悪。 | トップページ | 通称「長寿医療制度」に。厚労省が発表。制度発足の日にわざわざ通称を発表すること自体が制度破綻を示しています。 »