« 1933年、治安維持法で検挙された公爵の娘、靖子とは。 | トップページ | 「一枚のビラが安全な生活を脅かす」最高裁判決に重大な疑義を持ちます。 »

2008年4月 9日 (水)

あるブログを訪ねて。国民を愚民視する思想は、現在の悪政を免罪することになる。

 やっと訪ね当てたブログに、書いてあったこと。
後期高齢者医療制度に、このブログを書いていらっしゃる方は反対なのですが、それを気付かずに小泉元首相を圧倒的に支持したお年寄りたちを、現実はお年寄りに限らずないのですが、国民のこの選択を非難し、今更になって何を馬鹿騒ぎして怒っているのかと問います。小泉政権の時に決まった医療制度なのに今現在も、首相にしたい人のトップが小泉氏だというテレビだかの調査結果に、更なるお年寄り達への不信感を募らせています。
 私は思うのです。この方の気持ちは良く判りますが、ここ数十年来続いてきた政治状況は、政府与党だけでなく、マスメディアを含め本質を隠し、何だかよく判らない雰囲気で政治を行ってきたと思います。選挙のときだけに限らず、政治の今の重大問題を提示しないで、郵政民営化もそうですが、一昔前の国鉄民営化もそうです。小さな政府、小さな政府と呪文のように叫ばれ、新聞も、テレビもそれが当たり前のように報道してきたのです。それが、あたかも国民の為に成る様にしか主張してこなかったのです。これに逆らって、異議を唱えなかった国民を、お前達が馬鹿だ悪いと言われても、私は納得しません。今現在、新聞を朝日、毎日、読売、日経ととっていたとしましょう。そんなに私は生活のゆとりが無いのでとっていませんが、駅で買うことも在ります。全面広告の多さがが目に入るだけで、主張そのものは、何が今問題なのか。その解決法は在るのか、と言う意識で読んでも、何も新しい発見は無いのです。私は日本共産党員ですから、機関紙「赤旗」は読んでいます。党員でなくても、読者はたくさんいます。でも、これ現実なのです。世界の、アメリカの動きは一般新聞にものっていますが、他の国の、アジア、アフリカ、南米等の動きを伝えてくれる新聞は「赤旗」しか在りません。国内の政治状況についても、貧困のことから、非正規雇用のことから、身体障害者のことから、生活保護のことから、アメリカ云いなりの政治のことから、安保条約の現実、経済の根本的問題点から報道している新聞は、「赤旗」以外に見たことが在りません。
 私は思うのです。政治の悪いことを、最悪なことも含め、これを受け入れてしまった国民のせいにしていては、何の解決にも成らないし、国民にきちんとした情報を渡さなかった政府・与党、並びにマスコミの責任が大きく問われなければ可笑しいのに、それを免罪してしまう結果になってしまうのです。これには私は、同じ後期高齢者医療制度反対にしても、組しません。その、かって放題の、国民いじめを決めた処に、ズバット、切り込んで行きます。ですから、日本共産党が権力から狙い撃ちされるほど、怖い存在なのです。

|

« 1933年、治安維持法で検挙された公爵の娘、靖子とは。 | トップページ | 「一枚のビラが安全な生活を脅かす」最高裁判決に重大な疑義を持ちます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1933年、治安維持法で検挙された公爵の娘、靖子とは。 | トップページ | 「一枚のビラが安全な生活を脅かす」最高裁判決に重大な疑義を持ちます。 »