« 後期高齢者医療制度を廃止できる可能性を示した野党四党の共同廃止法案。 | トップページ | 公明新聞が三日経って「補足」ですって。これを「補足」などと云うのは姑息です。 »

2008年5月24日 (土)

ますます持ってNHK受信料を払いません。

 NHKの新会長に元アサヒビール社長が就任したのが今年1月25日です。名前は福地茂雄氏。この人を会長に強引に据えた人物は富士フィルムホールデイングス社長でNHK経営委員長、古森重隆氏です。この人は以前から「政府のいい分を放送するのが国益」と云って憚らない、戦前の人のような思想の持ち主ですが、福地会長になってから、調度2月以降の「日曜討論」から日本共産党や社民党などが外され、自民党と民主党だけの討論番組に成りました。或いは「閣僚に問う」とか民主党の党首インタビューになったのです。かつては、日本共産党を含む主要政党が一堂にかいして討論をしていました。同じ日曜日に民放では「サンデープロジェクト」(テレビ朝日系
)や「報道2001」(フジテレビ系)をはじめ各党討論が増えている中で、非常に対照的変化です。
 NHKが2006年に決めた「新放送ガイドライン」では「討論番組などでは、番組の編成や構成、出演者の選定に慎重を期し、特定の意見を促したり、そのように操作していると見られたりしないよう、バランスのとれた視点を示す」と書いてあります。すでに特定の意見「消費税増税」を促す時も在りました。その翌日政府が基礎年金の財源を消費税で賄う試算を発表するなど、タイミングを計ったような放送でした。
 放送法第三条では「政治的公平」(二項)「出来るだけ多くの論点を明らかにすること」(四項)と定めています。
現在NHKがしていることは、自分達で決めた「ガイドライン」からもかけ離れていますし、大体から放送法違反です。こんな、法律さえ無視する放送局に、テレビを持つ国民の義務と書かれている(罰則は伴わない)、だなどと云われて何故払わなければいけないのか、きちんと説明すべきです。実際に、きちんと説明する部署さえNHKには在りません。ある受信料の請求にきた人は、「受信料を払って下さったら説明します」とまで云うのです。まるで振り込め詐欺と同じ手口です。払えば、きっと納得いきますよ、多分。騙された!と。何の責任も持たない督促人が云った、云わないになるだけでしょう。私はあらためて、受信料を確信的に払いません。
 戦前と同じ誤ちを繰り返さないという誓いで出来た現在の放送法を守らないで、経営委員長自らが「政府のいい分を放送するのが国益」などと時代錯誤なことを云っているようでは、NHKに未来は在りません。

|

« 後期高齢者医療制度を廃止できる可能性を示した野党四党の共同廃止法案。 | トップページ | 公明新聞が三日経って「補足」ですって。これを「補足」などと云うのは姑息です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後期高齢者医療制度を廃止できる可能性を示した野党四党の共同廃止法案。 | トップページ | 公明新聞が三日経って「補足」ですって。これを「補足」などと云うのは姑息です。 »