« 原爆症裁判、仙台高裁に次いで大阪高裁でも全員勝訴。国は控訴を取り下げよ。 | トップページ | 朝日新聞31日付け夕刊トップ記事より。私は文科省の「偉い人」に読ませたい、他の愚かな人間どもにも。 »

2008年5月31日 (土)

私立高校、経済的理由で退学が過去最大に。世界の主要国はアメリカを含み学費高校まで無料の中遅れている日本。

 これでは、日本が本当に学力向上を目指しているとは思えません。もっとも、世界一学費の高い国ですから。
文科省の新しく発表された学習指導要領で、授業時間が増えました。負担は重く先生たちの肩に掛かってきます。今でも忙しく、細やかな児童・生徒に対応した教育が出来ないのに、もっと、行き届かなくなります。いくら伝統文化を大切になどと云っても、結局は余裕の無い時間割で鑑賞する時間が今までさえ取りにくかったのに、更に減るでしょう。勉強する楽しさは多くの場合、記憶力の向上ではなく、物事の疑問を自分の頭で解いていく事に在ると思いますし、教育もそこに重点を置いていかないと、人間らしいまともな成長を保障できないし、云われた事だけをする人間をたくさん作り出すでしょう。それは短絡的発想を生み出し、権力者にとっては使い勝手の良い人間を育てるでしょうが、長い目で見たとき国の財産をやせ細ったものにするだけです。
 まして、金銭的な理由で学校を退学するような事は、こどもの心に深い傷を刻印するすることに成ります。
2007年度に経済的理由で私立高校を退学した生徒は、過去十年間で最高の割合を記録しました。407人もの生徒が中退し0,21パーセントで、昨年の0,11パーセントを大きく上回りました。
 「家の借金の関係で学校を辞めて働かなければ返済出来ないので中退」
 「両親が離婚、奨学金などでやりくりしていたが、本人もクラブを休んでアルバイトをしていたが、それでも無理で退学」
 「親が自営業でやっていた会社が倒産。両親が出稼ぎに行き一人でアパート暮らしを始めアルバイトで生活しているが退学」
 「入学予定者百八十三人中三人が経済的理由で入学辞退」
 私自身定時制高校を卒業しましたが、現在はその受け皿の定時制高校さえ統廃合で削減されています。定時制高校を統廃合する発想は、定時制高校の実態を何も知らない人間が机上で考える発想です。定時制高校は、勤務先に近いところに無ければ実際には通えないのです。年じゅう早引けか遅刻してなければ無理なのです。ですから、本来公立高校全てに定時制を設置する位で調度よいのです。それをしないで統廃合すれば希望者は在っても通えず、結局生徒が集まらず更に廃止されていくのです。悪循環です。
 全てのこどもたちに高校教育を受けさせる事は今や国の責任ですべきです。それには、高校までの教育費無料化に足を踏み出す必要があります。世界の多くの国々は、将来の国の財産としてこども達を捉えています。その程度の国家予算を支出できないはずは在りません。予算の使い方が国民の目線に全然立っていないから出来ないだけです。政治の堕落です。

|

« 原爆症裁判、仙台高裁に次いで大阪高裁でも全員勝訴。国は控訴を取り下げよ。 | トップページ | 朝日新聞31日付け夕刊トップ記事より。私は文科省の「偉い人」に読ませたい、他の愚かな人間どもにも。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原爆症裁判、仙台高裁に次いで大阪高裁でも全員勝訴。国は控訴を取り下げよ。 | トップページ | 朝日新聞31日付け夕刊トップ記事より。私は文科省の「偉い人」に読ませたい、他の愚かな人間どもにも。 »