« 「生活者の目線」とは一体どういうものなのか。 | トップページ | 61回目の憲法記念日。大いに憲法の持つ世界的意義を考えましょう。 »

2008年5月 2日 (金)

安保条約は大事だと思っている方の、普通の誤解。1

 何となく安保条約は日本にとって大事だと思っておられる方案外多く無いですか。
一番は日本の防衛ですか。二番はアメリカとは仲良くしなくてはですか。三番目は同盟国ですか。この三番目になると、ちょっと確信的意見になってくると思うので、私は今問題にしませんが、多くの国民の皆さんが何故だか具体的には知らないけれど、なんか必要な気がしているのでは無いかと思うのです。その方たちにお話をしようと思っています。
 まず最初に、安保条約には何が決められているのかです。安保条約は60年の安保改定から、また大きく変わってきているのです。最初はアメリカ政府が治外法権を持つアメリカ軍の基地を自由に日本全国何処にでも設置出来る「日本全土基地方式」が明記されていました。そして「日米地位協定」で米軍には様々な特権、例えば犯罪を犯した米兵は勤務時間中と米軍が認めれば日本で逮捕することも、裁くことも出来ない。これで、多くの米兵が無罪放免されてアメリカ本土に勤務変えして逃げていきました。犠牲者は日本人です。これらの犯罪件数もいずれ明らかにします。この全土基地方式は何も変わらず、更に、日米共同軍事演習が追加されて明記されました。戦後63年経った現在、沖縄をはじめ全国各地に米軍基地は何ヶ所在ると思われますか?そして一国の首都に広大な米軍基地を持ち、首都圏の上空に米軍専用の空域が在り占有し続けている国は世界でどれ程の数の国になるかご存知ですか?
 日本全土の米軍基地は135ヵ所です。そして首都にこれだけ大きな基地、横田空軍基地が居座り続けていているのも、「横田エリア」といわれる米軍占有空域を与えられ続けさせられている国も日本だけです。
 そして何よりも、米軍の世界への殴りこみ部隊であるアメリカ海兵隊が、前方展開基地を置いているのも世界で日本が唯一です。アメリカ航空母艦の母港基地が置かれているのも日本だけです。そこは神奈川県の横須賀港ですが、そこを今度は原子力空母の母港にしようとしているのです。皆さんご存知ない方が多いと思いますが、一隻の原子力空母の原子炉のエネルギーは、日本の刈羽原発に匹敵するのです。首都東京の目の前に原子力発電所を作るのと同じ危険性が在るのです。これも安保条約の決まりの一つです。自由に基地を作る事を認めているのですから。日本の政党、自民党、公明党、民主党、社民党、国民新党、彼等は安保条約を認めています。日本共産党を除く全ての政党が安保条約を肯定し、必要性を訴えているのです。これ、安保条約を認めてしまえば、全て認めざるを得ないのです。あとは、聴いてくれなくてもお願いするしかないのです。
 でも、国際的条約の形を取らなければいかに安保条約といえども、世界に通用しません。ですから廃棄手続きが書かれています。一方の国が、安保条約を廃棄すると通告すれば、一年以内に全ての米軍は日本から撤退しなければならないと。何も、喧嘩をするのでは在りません。
 今回は大雑把に、安保条約の軍事的側面の真実を書きました。これだけでも、世界に例を見ることの出来ない条約の姿はおぼろげにお感じ頂けたと思います。次回は、経済的側面の真実を大雑把に書きます。そして、安保条約の細かい真の姿をご紹介していきます。
 世界に稀に見る異常な条約なのです。

|

« 「生活者の目線」とは一体どういうものなのか。 | トップページ | 61回目の憲法記念日。大いに憲法の持つ世界的意義を考えましょう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「生活者の目線」とは一体どういうものなのか。 | トップページ | 61回目の憲法記念日。大いに憲法の持つ世界的意義を考えましょう。 »