« 61回目の憲法記念日。大いに憲法の持つ世界的意義を考えましょう。 | トップページ | 宇宙の軍事利用を日本は認めていませんでした。それを改悪して軍事利用にも活用できる法案を公明・自民・民主で提出します。 »

2008年5月 4日 (日)

皆さん、全国革新懇をご存知ですか。今大きく羽ばたいています。

 全国革新懇の正式な名前は 平和・民主・革新の日本をめざす全国の会 と言います。そこが出している新聞も既に299号に成りました。その革新懇の共同目標は三つ在ります。 1 日本の経済を国民本位に転換し、暮らしが豊かになる日本を目指します。 2 日本国憲法を生かし、自由と人権、民主主義が発展する国を目指します。 3 日米安保条約をなくし、非核・非同盟中立の平和な日本を目指します。
 この新聞には多くの色々な方がインタビューに応じて下さり、毎回一面を飾ります。最新号は新党「さきがけ」の代表だった武村正義さんが載っています。そのチョッと前には、日本の医療界で著名で、著作も多い日野原重明氏が載っていました。患者さんには、政財界の大物が多いとされている日野原氏は、憲法九条を守ることと、安保条約の破棄の必要性を語っていました。「九条の会」と共に、全国革新懇の発展は、私が言う反動勢力、改憲派を追い詰めるものすごい力となって、現在全国に広まっています。
 これから私は、その一面を飾る人々の思いもお伝えしていこうと思っています。

|

« 61回目の憲法記念日。大いに憲法の持つ世界的意義を考えましょう。 | トップページ | 宇宙の軍事利用を日本は認めていませんでした。それを改悪して軍事利用にも活用できる法案を公明・自民・民主で提出します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 61回目の憲法記念日。大いに憲法の持つ世界的意義を考えましょう。 | トップページ | 宇宙の軍事利用を日本は認めていませんでした。それを改悪して軍事利用にも活用できる法案を公明・自民・民主で提出します。 »