« 安保条約は大事だと思っている方の、普通の誤解。1 | トップページ | 皆さん、全国革新懇をご存知ですか。今大きく羽ばたいています。 »

2008年5月 3日 (土)

61回目の憲法記念日。大いに憲法の持つ世界的意義を考えましょう。

 現憲法を改定しようとしている中曽根氏らが「九条の会」に対抗した運動を起こそうと、今月一日「新しい憲法を制定する推進大会」を東京にある憲政記念館で千人ほど集まって気勢を上げました。壇上に掲げられたスローガンには「自立と共生」 「自然との共生を信条に美しく豊かな地球環境を護る憲法をつくろう」 「国際平和を願い、他国と共にその実現のため協力し合うことを誓う憲法をつくろう」 「民主・人権・平和・国際協調を基本とする憲法をつくろう」等と書かれていました。この集まりは自・公・民の改憲議連が中心に成り開いたのですが、「新憲法制定議員同盟」が毎年憲法記念日に開いている「国民大会」とは別に行ったものです。
 自衛隊の海外派兵恒久法を成立させようという動きが、やはり自・公・民・国民新各党の国防族関係議員たちの活動も三年ぶり「新世紀の安全保障体制を確立する若手議員の会」を再開しました。そして「恒久法を制定することは急務」と明確に打ち出し、代表幹事に就任した民主党前代表・前原誠司副代表は「派兵恒久法の法案の骨子、中身をしっかりとお互いが意識を共有できるようにもっていきたい」と語り、自民・民主・公共同で法案策定を進める姿勢を強調しています。
 今までも改憲路線を先導してきた読売新聞の世論調査でさえ、改憲反対が十五年ぶりに逆転し、改憲反対が多数になり、その理由も「世界に誇る平和憲法だから」が53パーセントで最多でした。背景に改憲反対の国民運動の広がりが、「九条の会」への賛同に示されているように、全国津々浦々、あらゆる分野で、職場で地域で、七千を越す「九条の会」が誕生し、今現在も、こうしている時にも増え続けている現実が大きく国民意識を変えてきているのです。それこそ改憲勢力にとっては、マルクス・エンゲルスの「共産党宣言」の書き出しの言葉「今、ヨーロッパに共産主義の妖怪が・・・」ではありませんが、「今日本には、憲法守れの妖怪が・・・」状態に成ってきたのです。この広がりを起こしているのは、「憲法を守ろう」という主張者達の偽りの無い体験と発言が、根底に在るからこそです。
 さて、一番前に書いた憲政記念館で開いた改憲派のスローガンは、そのまま頂いて良いのでは無いでしょうか。「自立と共生」も良いことで、ですから日本もアメリカから自立して、安保条約の差別的・従属的関係から離れ、アメリカと対等な友好条約なり、平和条約を結びましょう。
 「自然との共生を信条に・・・」も良いことです。ですからジュゴンの生命を大事にして、人殺しの為の基地なんか作っては駄目ですよね。
 「国際平和を願い・・・」も良いことです。ですから先制攻撃なんかしてはいけません。いくら爆弾や、或いは核兵器まで使っても、平和は出来ません。殺された人々の恨みの増幅は出来ても、本質的に平和は絶対来ないでしょう。人を殺したら、恨みの連鎖が始まるのは当たり前です。
 「民主・人権・・・」も良いことです。ですから働きたくてもまともな就職できないことは変ですよ。これ人権問題です。非正規雇用を増やすなんて、絶対民主的でもないし、人権が守られていない。生活保護の受給を自治体の窓口で拒否するなんか持ってのほかです。大体から、生活保護を請求しなければ食べられないような社会がおかしいですよ。
 でも、これ皆スローガンとして私は頂きますが、これは全部、今の憲法に書かれて、国際社会での日本の生き方から、国民の権利としても保障されていることです。でも、改憲したい人たちは、改憲したいのでしょう。すると、本音は、正直な心はここには出ていないということです。先ほども書きました。「九条の会」の主張には本音しか出ていないのです。ですから国民的支持が大きく広がってきているのです。改憲派はの真実は、今ここで挙げたスローガンではなく、アメリカ云いなりに一緒に戦争する国にする為にですから、世界平和などと云いながら、自衛隊派兵恒久法などを作ろうとしているのです。もう嘘ではないですか。これで、国民的大運動を起こせると思っているなら、国民を余りにも馬鹿にしています。必ず、打ち打ち破ります。

|

« 安保条約は大事だと思っている方の、普通の誤解。1 | トップページ | 皆さん、全国革新懇をご存知ですか。今大きく羽ばたいています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安保条約は大事だと思っている方の、普通の誤解。1 | トップページ | 皆さん、全国革新懇をご存知ですか。今大きく羽ばたいています。 »