« 酔っ払いの戯言。私のこと。今日は早くから飲んでしまったのです。 | トップページ | ここに採録。意図的に抜け落ちているものの本質。 »

2008年6月 2日 (月)

高福祉・高負担。低福祉・低負担の悪魔の選択は本当か。抜け落ちているものは無いか。

 新聞、テレビ、「学者」、評論家、自民党、民主党、公明党、国民新党、そして大御所財界。みな同じ意見で、いずれ消費税を上げなければ、高福祉・高負担。低福祉・低負担。これは当たり前の既定事実で在るかのように云われ、いつ上げるかの相違だけです。消費税18パーセントなんて云われると、それだけで神経がまいっちゃいます。年金も不安定。天引きされるものだけハッキリしている。十月からは住民税も年金から天引きですから。
 正直者な国民は、消費税増税の噂と、年金天引きだけでも、暗ーい気持ちに成らされるのです。将来不安が付きまとって来るのです。この状況は日本の未来を実際に暗くします。
 みんな、お金を使えなくなります。すると個人商店は勿論売り上げがただでも減っているのに、更に減ります。個人商店の閉店が増えます。そこからの税収も無くなります。ちょっと大きなスーパーはどうでしょう。当然国民の財布の懐が締まると、売り上げが落ちます。更なるリストラと、非正規雇用の「充実」で乗り切ろうとします。働いている人からの税収は減ります。では、デパートはどうでしょう。デパートは高級品も置いていますが、全部がぜんぶ高級品の売り上げで勝負している訳では在りません。一般庶民の買い物に大きな部分を支えられています。一部のお金持ちがいくら高級品を買っても、それで営業が成り立つような現実では在りません。すると、デパートも売り上げが落ちます。従ってそこからの税収が減ります。
 消費税の単純な本質は、国民が買い物をすれば税収が上がるという税制度です。その国民が買い物控えをすれば、税収は減る。さらに店舗、これは大小含めて税収は減る。減るばっかりでは困るので税率を更に高く設定する。そうするとさらにこの動きが加速化されると同時に、本当に食べ物だけしか主に買えない人々は、いよいよ生きていく事さえも困難に成ります。低賃金で働いている若者を含め、不安定な非正規雇用で働く人々も、やっとの食事さえとれなく成ります。このように成っていく事、事実です。それらの人々が生活保護を求めます。当然です。なるべく給付しないように政府がしていても、現実に食べられない人がたくさん存在すると、どのような事態の発生も国家の無責任によるものと成ります。そして国家そのものの存在さえ危うく成るのです。
 消費税を何事の財源にでも当てるようにすると、結果は目に見えているのです。この将来の、実に近未来の結果さえ考えずに、高負担・高福祉・財源は消費税。低負担・低福祉・財源なし。こんな単純な図式を描くことを許せますか?この二者択一を迫っているのが最初に挙げた彼等です。最後に挙げた経団連を中心にする財界は、年金の企業負担も無くせ。みな税金でしろ。更に、企業の世界での競争力を維持する為に、法人税はどんどん減らせ。企業の商品開発減税ももっとしろ。図々しいのはいい加減にして欲しい。
 ここで書いたことは、誰が考えても当然想像出来ることです。でも、彼等の主張には想像ではなく、実にリアルな現実の要望が在るのです。法人に掛かる税金は減らせ!これが世界を見ることの出来ない彼らの至上命令です。ここには今の日本の財界の、今さえ良ければよいという、無責任な、そして持続性の無い今儲け主義の本質が出ています。
 こんな彼等に、私は個人としても助けて欲しいなんて思わない。国民全体の人も、彼らの助けなんか求めていません。何故なら彼らの要求でこの意見が多数を占めているのですから。彼等に金銭的に助けられている政党は、彼らの資金を欲しがっている政党は、かれらの主張を色々な曖昧な形で受け入れるでしょう。現在は消費税を上げる状況には無い、とか。これは将来は上げざるを得ない事です。
 こんな政党に未来を、それも近い未来を預けられますか。私たちは裏切られますよ。
 

|

« 酔っ払いの戯言。私のこと。今日は早くから飲んでしまったのです。 | トップページ | ここに採録。意図的に抜け落ちているものの本質。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酔っ払いの戯言。私のこと。今日は早くから飲んでしまったのです。 | トップページ | ここに採録。意図的に抜け落ちているものの本質。 »