« 問責決議採決の裏で民主党は何をしていたのか。 | トップページ | 秋葉原無差別殺人事件の犯人とみられる書き込み。 »

2008年6月13日 (金)

後期高齢者廃止法案の審議に直ちに入れ。民主党の自作自演の偽りの「対決」を許さない。

 民主党は自らも提案した野党四党共同提案の「後期高齢者医療制度廃止」法案の衆議院審議を直ちに開始すべきです。自らの法案を、審議拒否する態度は無責任すぎます。
 11日、12日、日本共産党は、この議案を衆議院で審議し、この後期高齢所医療制度の廃止を目指して徹夜で努力しました。ですが、「国会終盤にやまをつくりたい」という民主党の偽りの「対決」のために、審議入りできませんでした。自分達がだした法案です。民主党が審議拒否するのならば、日本共産党に、趣旨説明させて欲しいと議院運営委員長に申し出ました。委員長は「他の野党の了解を得られればよい」とのことで、他の野党と交渉しましたが、民主党などの了解が得られず、審議入り出来ませんでした。
 自分達の法案審議を、これでは絶対しない、させないということです。こんな矛盾した態度が在るのでしょうか。
自ら何の見通しも立てないで首相問責決議を参議院で裁決し、問責決議が通ったから今度は衆議院審議拒否では、本当に国民の願いを実現する気が少しもないと言わざるを得ません。
 自らが国会で自公と協調して色々な悪法を可決させてきました。これでは、次の衆議院選挙でインパクトが無さ過ぎるので、対決姿勢を国民の前で演じよう。これが民主党自らが語っているシナリオです。自分の党の選挙対策のために、国民が心から願っている後期高齢者医療制度廃止の法案審議を拒否するなどは、どのように考えても間違っています。本気で廃止しようとしていないことを、国民の前に明らかにしたと思います。
 民主党は審議拒否するならしていろ。しかし日本共産党も法案提出者です。趣旨説明を日本共産党がすることを認めるべきです。国会の論戦を通して、この制度の根本的間違いをハッキリとさせていくことが国会の役割です。この無責任さには呆れると同時に怒りを持ちます。

|

« 問責決議採決の裏で民主党は何をしていたのか。 | トップページ | 秋葉原無差別殺人事件の犯人とみられる書き込み。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 問責決議採決の裏で民主党は何をしていたのか。 | トップページ | 秋葉原無差別殺人事件の犯人とみられる書き込み。 »