« 朝日新聞31日付け夕刊トップ記事より。私は文科省の「偉い人」に読ませたい、他の愚かな人間どもにも。 | トップページ | 高福祉・高負担。低福祉・低負担の悪魔の選択は本当か。抜け落ちているものは無いか。 »

2008年6月 1日 (日)

酔っ払いの戯言。私のこと。今日は早くから飲んでしまったのです。

 私は世の中の人たちが皆、幸せに成ることが一番良いことだと思っています。
働いている方は働き甲斐を感じられて、事情があって働けない人は、それでもチャンと生活できて、親御さんの介護をしている人も疲れないで介護が出来る。それは素晴らしい事ではないですか。
 しかし現実は甘くないというか、厳しい。高齢者を病院から追い出しておいて、家庭で面倒を見なさいと云ったのは政府与党です。家庭でどれだけの介護が出来るのでしょう。その介護を家庭でしているから、介護の時間は認めて欲しい、といっても、「変わりは幾らでもいるからあなたはもう、来なくて良い」。これが現実です。
 その一人一人の働く人が困っても何も責任は持たない政府です。押し付けるだけ押し付けて、後の事は知らないに近い政府です。
 例えば気管切開をした患者は、まず言葉を発声できません。従って年中診ていて、苦しそうならば痰を吸引しますす。喉の下にに開いた穴にチューブを差し込み、吸引するのです。素人は、私を含めて、内蔵の中に手を入れるようで、怖くて旨く出来ないのです。患者自体も苦しいのです。これを、私は経験しています。私の恩師で。
 医療費の国庫負担を減らす事が大事ならば、何故国庫負担を減らさなければ成らないのかを国民に説明すべきです。アメリカ軍に対する思いやり予算が組めるのならば、何故国民に対する思いやり予算を組めないのか。ここを、チャンと説明しなければ。選挙の度に、云う事をコロコロ変えて、消費税を税制の柱にする事は一回も選挙では問われてはいないのです。今までの税制の根本的原則、所得に応じて税金を納める、これが無くなろうとしているのです。現実には法人税の削減で、行われています。これは国民生活にとって大問題ですから、選挙の一大テーマなのです。これを選挙のテーマにしないで、国民を隠したままで、実現してしまおうという輩が多いのです。自民党。公明党。民主党。国民新党。これらの政党はその輩です。
 消費税を社会福祉税にという説明のいい加減さは、以前もしましたが、国民が納めるお金には何の区別も無いのです。そのお金が社会福祉に使われたか、軍事費に使われたかは、国民は知る由も無いのです。
 ハッキリ言って、軍事費を調達する為の消費税と私が言っても、何も否定できないのです。これが真実です。ヨーロッパ諸国で消費税が導入された時の事実を思い出せば明らかです。軍事費を調達する為に消費税は出来たのです。日本も同じです。酔っ払て書いてるにしては、まともでしょう?

|

« 朝日新聞31日付け夕刊トップ記事より。私は文科省の「偉い人」に読ませたい、他の愚かな人間どもにも。 | トップページ | 高福祉・高負担。低福祉・低負担の悪魔の選択は本当か。抜け落ちているものは無いか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝日新聞31日付け夕刊トップ記事より。私は文科省の「偉い人」に読ませたい、他の愚かな人間どもにも。 | トップページ | 高福祉・高負担。低福祉・低負担の悪魔の選択は本当か。抜け落ちているものは無いか。 »