« 高福祉・高負担。低福祉・低負担の悪魔の選択は本当か。抜け落ちているものは無いか。 | トップページ | 今の日本の財界は、地球上に存在している全ての生き物の掟を破壊する存在に成り果てた。世界史的にも稀な存在。 »

2008年6月 3日 (火)

ここに採録。意図的に抜け落ちているものの本質。

 高福祉・高負担。低福祉・低負担論から、意図的に抜け落ちているものの本質は、誰が負担をするのか、無駄を本当に省いたのか。この論議が一切無く、ただただ消費税増税による「高」福祉論は偽りです。
 消費税が出来てから、福祉は後退し続けている現実です。福祉の為だったはずです。その後現実に行われていることは、法人税の引き下げに次ぐ引き下げ。五兆円規模を維持している軍事費。高規格(コンクリートや鉄をいっぱい使う)道路の建設。アメリカ軍思いやり予算の確保。
 国民が納める消費税には、当然お金ですから何の目印も在りません。ですから何に使われたのかは実際は区別出来ないのです。ただ、この制度を利用して税収を上げる事だけが目的なのです。それも庶民から税収を調達する、財界が一番得する方法なのです。以前も書きましたが、大企業は消費税分を自分の腹を何も痛めずに、下請け、孫請けに負担させ、商品の値段に転嫁させるからです。消費税はハッキリ言って、大企業は自分の腹を痛めて納めてはいないのです。
 さて目印のない消費税増収分は、五兆円の軍事費に成っているのかも知れません。高規格道路の財源かま知れません。アメリカ軍思いやり予算かも知れません。法人税減税分かも知れません。これらの可能性のほうが、福祉予算になったより、説得力が在ります。何故なら、福祉は後退しているからです。
 憲法に法人税は出来る限り安くしろとは書かれていません。軍事費に至っては、憲法の立場から見て不思議なお金ですから、五兆円は確保しろなんて書かれている訳在りません。高規格道路を作り続けろも書いて在りません。憲法に規定もされていないこれらの予算は、現在の予算で確実に確保するのに、憲法にハッキリと既定されている社会福祉費、医療費など、国民の健康と福祉、文化的生活予算だけは、「足りない」「足りない」は明らかにおかしいです。
 これ発想が逆です。憲法違反です。意図的に抜け落ちたのではなく、意図的に抜いているのです。公平に物事を見る人ならば一目瞭然です。福祉の為と云えば、国民が納得せざるを得ないと考えて主張しているのです。実際は、ここに書いたように、現実に使われている法人税減税の為、高規格道路建設の為、五兆円の軍事費確保の為、思いやり予算の為に使われているのです。
 国家予算が足りないのならば、憲法上の既定もないこれらの予算こそ削減、廃止にすれば良いのです。
 憲法に規定されている国民の文化的生活予算、医療予算、社会福祉予算こそ最重点に配分するべきです。それこそが憲法の値打ちであり、それを国民の不断の努力で実現させ、充実させていく事まで示している現憲法の先見性です。
 ここに、消費税増税論の偽りと、政治の姿勢の大きな誤りが在るのです。
今の現実は低福祉・高負担、これが現実です。この道を騙されて歩いていってはいけません。

|

« 高福祉・高負担。低福祉・低負担の悪魔の選択は本当か。抜け落ちているものは無いか。 | トップページ | 今の日本の財界は、地球上に存在している全ての生き物の掟を破壊する存在に成り果てた。世界史的にも稀な存在。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高福祉・高負担。低福祉・低負担の悪魔の選択は本当か。抜け落ちているものは無いか。 | トップページ | 今の日本の財界は、地球上に存在している全ての生き物の掟を破壊する存在に成り果てた。世界史的にも稀な存在。 »