« 一人の、ひとの親として・・・ | トップページ | 後期高齢者廃止法案の審議に直ちに入れ。民主党の自作自演の偽りの「対決」を許さない。 »

2008年6月12日 (木)

問責決議採決の裏で民主党は何をしていたのか。

 政党は国民に対して正直でなければいけないと思います。首相問責決議の提案者であるならば、自公政権との本当の対決をしなければいけません。対決しないのならば、今急いで問責決議は必要ないと思います。提案時期として不適切です。合理的で在りません。これで参議院に首相は来なくなるのです。
 では、民主党は何を示したかったのか。国民の意識に自公と対決する民主党の姿を焼き付けたかったのです。
何故そんな必要が在るのか。本当は「対決」していないからです。私はそれでは協調しているのかとも考えません。それがこの民主党の本質だと思うのです。何も自公と違わない。結党の時の鳩山氏の言葉を私は今も忘れません。「このままでは政権批判票が共産党にいってしまう。それを防ぐ為に民主党を結成した」。この頃の民主党はある意味正直でした。要するに反共政党としての誕生です。このときに鳩山氏が云ったもう一つの言葉も覚えています。「民主党は今までの既成政党と違って、党議拘束を押し付けない」とまで云ったのです。でも、現実は嘘でした。ですが、今の日本で、国民がまるで底なし沼に放り出されたような生活を押し付けられている時に、選挙で議席を得て、政党助成金をたくさん得る為には、いちよう自公政治反対、それと対決する民主党のイメージを国民に焼き付けなくては成らないのです。実際にこのところ国会でしていることは、自公の法案に賛成し、三党で打ち合わせをし、意見が纏まると国会審議の時間さえまともに取らずに採決する。この手法が目だっているのです。
 この方法で自公と一緒に成立させた法律たくさん在ります。国民の前で議論し、国民の理解を得て法律を制定するのは議会制民主主義の根本原則です。どこの場所で談合したのか判らない、それでも、談合が成立すれば、国会審議は二時間も在ればたくさん、これ間違っています。
 さて、参議院本会議で「首相問責決議案」が審議されていた調度同じ時刻に民主党は裏で何をしていたか。この決議の提案者です。日本共産党は提案者には成りませんでした。
 国会近くのホテルで開かれた「国家公務員制度改革緊急シンポジウム」。このシンポジウムは二十一世紀臨調、経済同友会、あまり戦わない労働組合「連合」の主催で行われました。そもそもこの法律は国民の奉仕者である公務員を、時の政府と財界の奉仕者に変えてしまう法律です。さらに企業に今まで公表されていなかった情報を得られ、新たな企業の儲け口を作る法律です。国会で民主党が何故か急転賛成に回り成立した法律でしたが、日本経団連も要求していた法律でした。自民党の議員は云います。「この法律は道州制へ向かう入り口の法律だ」と。ここで民主党の松本剛明前政調会長は「自公政権には是々非々で対応していく。政策の競争をさせてもらいたい」と述べました。競争?競争というのは、何かに向かっていくのです。それも共通の何かに。一体自公政権のしてきたこと、これからしようとすることの何処に、共通のものがが在るのでしょう。民主党はこの競争という言葉がが昔から、昔というほど歴史は在りませんが、大好きなのです。小泉首相の時代も、「小泉改革では遅すぎる。民主党はもっと早くに改革を進める」。これは「改革」の速さの競争でした。その改革とやらの結果はもう国民の間でハッキリしています。国民生活を何処までも落とし込むものだったのです。人間破壊の「改革」でした。
 さて、もう一つの同時刻会議は国会内で開かれました。自公・民の国防大好き議員で作る「新世紀の安全保障体制を確立する若手議員の会」です。この会の当面の目標は、「自衛隊海外派兵一般法(恒久法)」の成立です。憲法に抵触する法律作りも、自公と一緒。
 もうひとつ、夜行われた会議は、自公・民の国防大好き議員協議会の懇親会。これは、国会近くの個室高級料亭で行われました。この協議会はしばらく活動をしませんでした。何故か・・軍事利権問題が大きな疑惑になった時、軍事産業との接点がこの協議会ではないかとクローズアップされたのです。それでしばらく閉店していたのですが、もうそろそろ、活動を再開しようと開かれた懇親会でした。
 首相を問責した政党が、その同じ日、同じ時刻に自公の議員と親密に意気投合する。同じ目的に向かって競争する。国内の重要政策で何も違わない。日本の安全保障も違わない。
 ここに民主党の本質を皆さん知って欲しいです。国民の生活を脅かしている根本に安保条約が在ります。憲法改定でも、自民党以上過激な、例えば、天皇元首説にしても、森氏が作った元の自民党憲法草案には在りましたが、削除しました。これを鳩山由紀夫氏は復活させる意見を云いました。
 もともと育った環境が同じで、自民党で日の目を見なかった人たちと、左翼に名を連ねていたけれど、本質的には自民党に限りなく近い元民社党の人たちを巻き込んででっち上げられた政党。政党として、これからの日本をどのように向かわせたいかという、党の綱領も待てない、また、持つ事に意味を感じない無責任な政党の代表として、私は民主党を告発する。
 日本共産党は、今の国民に簡単には受け入れてもらえないかも知れない未来の人間の社会の本来の在りかた、それも党の綱領として明らかにし、訴えているし、これが日本共産党の国をすすめる道、でも国民みんなで考えていきましょうと国民参加で、日本の新しい道を作りましょうと訴えています。

|

« 一人の、ひとの親として・・・ | トップページ | 後期高齢者廃止法案の審議に直ちに入れ。民主党の自作自演の偽りの「対決」を許さない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一人の、ひとの親として・・・ | トップページ | 後期高齢者廃止法案の審議に直ちに入れ。民主党の自作自演の偽りの「対決」を許さない。 »