« 狛江矢野市長再選の詳報。 | トップページ | アメリカに当然無視された日本の要望。アメリカ、北朝鮮テロ支援国家指定解除に動く。良いことです。 »

2008年6月23日 (月)

反共攻撃が通じなく成って来た原因は、ルールも何も無い今の財界の撒いた種。歴史の必然です。

 今や、世界中で、横暴で理性の何も無い資本主義体制が行き詰まっています。一時、新自由主義と騒がれた現在の資本主義は、今や世界中でのけ者扱い。ユーロ諸国はじめ、南米大陸諸国、東南アジア諸国。アフリカ大陸でもその先駆け的動きが始まっています。本家アメリカ、イギリスでも国民的運動の中から資本主義が最後の人類の体制なのか、疑問視されてきました。そこで今話題のマルクスの著作が脚光を浴びているのです。日本における「蟹工船」の人気と一緒です。日本も世界と同時に動いているのだと感じさせる出来事です。 
 資本主義を導く指導理論がもう無くなったのです。一昔前は、ケインズという人の理論でした。でも、それは駄目だとなって、新自由主義、何の規制も無い資本主義が大勢を占めて、世界中に蔓延しました。それも駄目だと実感されてきたのがここ数年です。先に掲げた諸国はじめ大陸から、これはもう行き詰まっている事が、悲鳴のように出てきたのです。資本主義が最高の、人類が到達する最後の社会体制で在りたかった人々は、今、何の地図を持たずに山の中を歩く遭難者に成ってしまったのです。
 ここ日本でも、この新自由主義の害悪が社会に蔓延し、国の規制を何も受けず、好き勝手に自由に儲けられるようになったら、愚かな日本の現在の財界人はその気に成った。時の政府は自分達の利益を代弁する使用人。おお、これは良いぞ。今盛んな派遣労働者の賃金は、企業の費目としては、生産調製費。けっして労賃ではないのです。こんな時代がいつまでも続く訳在りません。
 いま資本主義が私たちに何もしてくれない。苦痛しか知らない。これ以外の体制は無いのか。これは職業的反共主義者で無い限り、見過ごせない正直な生活実態意見です。ケインズの名前も知らないけれど、資本主義の矛盾が噴出してきたのです。その時代に、共産主義は駄目というだけでは、反共は通じなくなったのです。日本に於ける、反共主義の衰退も、世界的な動きと連動した大きな動きなのす。その種を蒔いてくれているのが資本主義を維持したい財界の、規制の無い、ルールの無い資本主義をばら撒いている財界なのです。ここに私は、歴史の必然性を感じるのです。

|

« 狛江矢野市長再選の詳報。 | トップページ | アメリカに当然無視された日本の要望。アメリカ、北朝鮮テロ支援国家指定解除に動く。良いことです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狛江矢野市長再選の詳報。 | トップページ | アメリカに当然無視された日本の要望。アメリカ、北朝鮮テロ支援国家指定解除に動く。良いことです。 »