« ここに採録。意図的に抜け落ちているものの本質。 | トップページ | 民主党の本質を示す参議院後期高齢者医療制度法案審議打ち切りの提案。首相問責決議提出理由にも見られる。国民はあらゆる事から真実の姿を掴んで欲しい。 »

2008年6月 3日 (火)

今の日本の財界は、地球上に存在している全ての生き物の掟を破壊する存在に成り果てた。世界史的にも稀な存在。

 これが日本という国の、独特な明治以来の、それまで無かった悪い「伝統」なのかも知れませんが、唯我独尊。
世界のあらゆる生き物、植物を含めて、皆生き物はそれぞれの分(ぶ)をチャンとわきまえて共生していました。気の荒い動物でも、必要以上に余分には食べないし、襲わない。小さいリスも冬を前に余分には食料を蓄えないのです。言葉を発しないと言われている植物達も、己が身体を切り刻まれる痛みは感じているかも知れません。ですが、自分達の生きる領域(分)を心得ていて、お互いに長く共生してきたのです。この地球上で、自分達の飽くなき欲求を持ち、もっともっと食べられないけど殺戮はするとか、お金は腐らないから、もっと溜め込もうとか、自分だけ良ければそれで良いとするような生き物は存在しなかったのです。それこそが大自然の摂理だったのです。
 昔の支配階級(物を生産する機械や工場、材料を持っている階級)は、世界史的に見て奴隷制度を執っていました。今現在この奴隷制度維持している国はアフリカの極一部に残っているだけですが、賃金も払わず、何の保障も必要ない、病気にでもなれば捨ててしまう。生かしておけば良いだけで労働力が確保できる一見安上がりそうな働らかせる制度。この制度が世界から排除されたのは、支配階級が善人に成ったからでは在りません。昔は、アメリカの16代大統領リンカーンによって奴隷解放が実現したのかと思っていたのですが、確かに彼は偉大な大統領でしたが、リンカーン大統領だって、アメリカ南部の奴隷解放は中々出来なかったのです。それが世界的流れになったのは、奴隷制度より効率的で、健康な労働者を確実に確保できる制度に、支配階級が気付いたからです。ここに書いていることは、地球上に生きる人間という生き物の知恵の、それも支配階級の知恵の発達段階を示しています。働く専門の人間に、家族を持たせ、子どもを作らせれば、確実に健康な次世代労働者を作り出せる。そして技術の伝達も出来る。これは得たいの知れない奴隷を買うよりも効率的なのです。確実なのです。17世紀頃から始まった資本主義的生産様式は、20世紀前に画期的変化を遂げたのです。
 ですが現在の日本の財界はまるで19世紀に戻ったような主張、私に言わせれば主張では在りませんが、何故その様に思うかは後ほど書きます。労働者は使い捨てれば良い。「変わりは幾らでもいる」。この言葉は現実の職場で大っぴらに使われています。この主張の根源は奴隷制と同じです。
 日本の財界は、自分が使用する労働者だけでなく、国民一般にこれに耐える精神を植えつけようとしているのです。それも、マイルドに・・・自分達の家臣を使いながら。その家臣とは誰か?自民党、民主党、公明党、国民新党。それに加えるのは、社民党です。安保条約を肯定してしまった政党は同じ轍を踏むのです。
 日本の財界は19世紀に戻った。同時に地球で生きる生物としての分を忘れた。俺達は儲かるだけ儲けたい!儲けられるのなら、何処までも喰いついていく。どれ程地球環境を壊そうが、儲けが一番大事。マグロが儲かるのなら取れるだけ取っちゃえ。後は知らない。
 ここには、地球生き物としての感覚は何も在りません。
 なんと貧乏たらしい発言でしょう。
私は先ほど書きました。これは主張ではないと。ここでご返事します。
 世の中を支配する階級と言うのは、その時の利益に左右されない程度に抑制的で在るべきなのです。それが階級にとって利便性が良いとか、儲け放題だとかは関係ないのです。彼女、彼等はもっと先を見なければいけないのです。今、食べるのに困っている人が溢れていれば、その人たちは将来の働き手、労働者だた思うような考えが無い事に、現在の支配階級に対して物申したいのです。財界の発想の貧困ですよね。
 

|

« ここに採録。意図的に抜け落ちているものの本質。 | トップページ | 民主党の本質を示す参議院後期高齢者医療制度法案審議打ち切りの提案。首相問責決議提出理由にも見られる。国民はあらゆる事から真実の姿を掴んで欲しい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ここに採録。意図的に抜け落ちているものの本質。 | トップページ | 民主党の本質を示す参議院後期高齢者医療制度法案審議打ち切りの提案。首相問責決議提出理由にも見られる。国民はあらゆる事から真実の姿を掴んで欲しい。 »