« 秋葉原無差別殺人事件に想う。 2。 | トップページ | 一人の、ひとの親として・・・ »

2008年6月11日 (水)

これほどの人間破壊を放置してはいけません。

 「誰でもよかった」をこれ程拡げた社会。しては絶対いけないことを、いとも簡単にさせてしまう社会。 
これは日本社会の、落ちるところまで落ちた腐敗と堕落、モラルも何も無い社会を映しています。
 人間の存在にとって、緊急な地球温暖化問題も、「国益」に利用しようとしか考えない国。
 真面目に働こうとするものが全く報われない国。
 生きていく希望の何も見えない人間使い捨ての国。
 多くの若者から、お年寄りまで、少しも生きている意味を感じさせない国。
 物言えぬ人からむしりとることしか考えない国。
 国会答弁でも平気で嘘をつく国。
 後は野となれ山となれが、常識の国。
 今さえ儲かれば良い人たちが主導権を持つ国。
こんな国に誰がしたか。私も含めて、国民一人一人が真剣に考えないと、この人間破壊のあり地獄は抜けられないと思います。自分は関係ないなどと考えている方。自分は幸せだからと考えている方。そんなこと、考えても仕方がないと考えている方。
 人間が造りだしたあり地獄は、人間の力で無くせます。
 秋葉原無差別殺人の犯人が、事件を起こす三日前に、派遣先で彼の仕事着が無かった時、そして「俺の仕事着がない」と叫んだ時、もし一緒に探す仲間がいたら、被害者の方も、彼も、もしかしたら救えたのではないかと考える時、私は物凄く悲しくなる。孤独と、孤立は人間を恐怖に陥れる。人間のつながりをどんどん絶ちきって来た社会の在りように、心から怒りをおぼえます。
 
 
 

|

« 秋葉原無差別殺人事件に想う。 2。 | トップページ | 一人の、ひとの親として・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋葉原無差別殺人事件に想う。 2。 | トップページ | 一人の、ひとの親として・・・ »