« 原油高騰でいかに漁民、農民が追い詰められようが、燃油価格を下げないと云う農水省の異常な態度。 | トップページ | 東京・国分寺市でまたもビラ弾圧。日本共産党を狙い撃ちにする政治弾圧に強く抗議する。同時に、日本共産党の歩んで来た道こそ国民を守る道だった事を再確認します。 »

2008年7月 5日 (土)

JAL、ANAが、関空乗り入れ便縮小を提示。冬芝国交大臣の言い訳は、ふんぱん物。これで大臣が務まるのか?

 日本航空、全日空が関西空港への乗り入れ便を縮小する方針を掲げた事に対して、その管轄大臣である冬芝国交相が発言しました。
 「乗り入れ便を減らすとかは、企業の経営上の問題で企業が決めることだが、(大阪近郊に三つの飛行場を作ったのが、作りすぎだったのではないか?という素朴な質問に対して)作り過ぎとは思わない。もっと多くの人に利用してもらうような働きかけが大切だ」と云いました。
 これって、実際の需要が無いのに多額の税金を投入して建設して、後から需要を作る努力をする、これです。
 この発言を聴いて、思い出したことが在ります。つい最近のことですが、福田首相が、道路特定財源の一般財源化を口では云いながら、これから道路を造り続ける法案、一般財源化骨抜き法案を成立させた時の新聞写真の様子です。福田首相と並んで写ったその写真は、満面の笑みを浮かべた冬芝大臣が写っていました。
 彼は嬉しさを隠そうともしないで、満面の笑み、笑み。何がそれ程嬉しいのでしょう。巨大公共事業はまず実現させる。これですよ。今度の発言と同じ。
 飛行場を作っただけで、後からの努力も何も関係なく、既に儲けた企業が在るのです。これ結果です。これは普通緊急せいも、必要性も無いと判断される事なのです。国民が餓死する日本ですよ。
 道路も、必要なかろうと作れば儲かる企業が在るのです。ここと事態が嬉しいとしか思えません。
 冬芝さん。頭をもうチョッと使って下さいよ。無理かも知れませんが、大阪近郊に飛行場を作りすぎた結果なのです。「作り過ぎとは思わない」では、余りにも馬鹿みたいですよ?あなたは誰の利益代表なのか、国民に考えさせてしまいますよ?

|

« 原油高騰でいかに漁民、農民が追い詰められようが、燃油価格を下げないと云う農水省の異常な態度。 | トップページ | 東京・国分寺市でまたもビラ弾圧。日本共産党を狙い撃ちにする政治弾圧に強く抗議する。同時に、日本共産党の歩んで来た道こそ国民を守る道だった事を再確認します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原油高騰でいかに漁民、農民が追い詰められようが、燃油価格を下げないと云う農水省の異常な態度。 | トップページ | 東京・国分寺市でまたもビラ弾圧。日本共産党を狙い撃ちにする政治弾圧に強く抗議する。同時に、日本共産党の歩んで来た道こそ国民を守る道だった事を再確認します。 »