« 問題の根本を避けて通る民主党の政権交代万能論を批判する。 | トップページ | 税金の使い道を問えない政党は、国民の味方には成れません。ですから味方だと思っても勘違いです。 »

2008年8月24日 (日)

投機資本の実態をチョッと知ったら腹立たしく成りました。ブッシュが規制に後ろ向きな訳。

 私は余りにも知らな過ぎました、投機資本のことを。チョッと知ったら物凄く腹が立ってきました。何でこの人たちがとてつもなく荒稼ぎ出来て、世界中の人たちが困窮しなければいけないのか?冗談ではないと。
 カリブ海に浮かぶイギリス領ケイマン諸島。面積は東京都の八分の一。人口四万人。青い海に豪華客船が停泊している高級リゾート地。おまけに「タックスへイブン」、租税回避地、法人税や資産税配当税がゼロ地域。おまけでは在りません。ここが世界投機資本の隠れ家になる理由ですから。
 「ウグランド・ハウス」は小さな五階建てのリゾートホテルのような建物。ここに1万8857社もの世界中の投機資本が籍を置いています。日本の投機資本も入っています。受付の女性に聞くと「確かに所在地になっていますが、誰もいません」ですって。
 経済産業省の調査では、世界の投機資本の三分の二がここに籍を置いています。世界の投機マネーはざっと五千兆円。そのお金が情報公開もせず、規制も受けず、課税もされず、世界中で商品を暴騰させ、企業買収を激化させ、私たちの暮らしを破壊しているのです。日収十億円。これ投機マネー仕掛け人の報酬ですって。一日の収入ですよ。投機資本マネージャーの年収の一例、 一位ジョン・ポールソン3800億円。二位ジョージ・ソロス3000億円。 投機資本最高経営責任者の07年ボーナス、77億円。
 信じられない収入です。何故ブッシュがこのような投機資本の規制に非積極的なのかも判りました。
世界銀行総裁ゼーリックはゴールドマン・サックスという投機資本に金を出す投資銀行出身者。
ブッシュ政権の財務長官ポールソンはここの最高経営責任者でした。
クリントン政権時代の財務長官ロバート・ルービンも最高経営責任者でした。
 要するに、政治家の資金を集めるスポンサーもしているのです。政界との癒着です。洞爺湖サミットで、この投機資本の活動はどのように評価されたのかと言いますと「自由経済活動を活発にしている」です。日本の福田首相も同じ考え。
 日本中の漁民、農民、勤労者がいかに苦しもうが、世界中の飢えたこどもが今死んでいこうが、この投機資本の規制さえしない。考えない。そんなこと、ありですか?

|

« 問題の根本を避けて通る民主党の政権交代万能論を批判する。 | トップページ | 税金の使い道を問えない政党は、国民の味方には成れません。ですから味方だと思っても勘違いです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 問題の根本を避けて通る民主党の政権交代万能論を批判する。 | トップページ | 税金の使い道を問えない政党は、国民の味方には成れません。ですから味方だと思っても勘違いです。 »