« 自公内閣の「安心」は保険会社の元々信用出来ない安心プランより信用できません。まるで狼少年。 | トップページ | 人の一生が終わる時のことについて、患者の年齢にかかわらず、これまで一生懸命話し合ってきた。 »

2008年8月 3日 (日)

早晩消滅せざるを得ない、改造内閣と「新」方針。

 福田内閣になってから、マスメディアからこれ程注目されたことは無いのではないでしょうか。改造人事発表の日のテレビは、何処をみても「改造」一色、「誰々が入閣確実」「誰々の入閣が決まりました」まるで選挙の開票速報なみ。それ程、日本にはマスメディアにとって大事なニュースが無いのですね。国民から見放された、民意を反映していない福田内閣のこの問題点を指摘するような、骨の在る報道は一つも在りませんでした。
 こんな内閣が誰によって構成されようが、国民の関心事では在りません。御用ちょうちん持ち、マスメディアが、いくら一大イベントに仕立て上げたくても、国民はしらけていました。
 大事なのは、これからどのような政治を行っていくのか、そこにポイントを当てた報道と、批判をしなければマスメディアとしての当然の役割を果たしていないと思うのです。「選挙を戦う布陣を敷いた」などと云っていては、失格です。一体、いつから自民党の機関紙になったのか。
 何しろ、根本的問題は、国民の総意に反して居座り続けるこの内閣の国民不在の態度を徹底的に検証する必要が在るのです。政策がまず余りにも反国民的、非人間的なので、国民から見放されたのです。財界は大歓迎していますが。 直近の参議院選挙で歴史的大敗北を喫したのもそのせいなのですが、何も政策転換せずに、小泉構造改革をただ踏襲して来たので、更に国民の支持が下がり、政権そのものが国民から見放されたのです。
 ですから、私はこの改造内閣の細かい点など、どうでもよく思うのです。早晩、政治の第一線からはじき出される、後の可能性の何も無い内閣なのですから。社会保障切捨て、消費税増税、アメリカべったり。今までの政策のまま。幹事長が誰になろうが、選挙の顔になろうが、どうでも良いと言えばいえるのですが、麻生氏のことは一言触れます。歴史と真摯に向き合わない彼は、散々、云いたい放題のことを云って来たのです。日本による朝鮮植民地支配を正当化し、「創氏改名」は日本の押し付けではなく、彼らが望んだことだとまで云います。この問題、事実は強制だったのですが、千歩譲ったとしましょう。でも、大問題が在るのです。朝鮮人が望んだことを何故日本が許可するような事態だったのか。これ麻生氏らの強弁なのですが、このことだけでも、日本の支配を明らかにしているのです。 アメリカで決議された日本軍従軍慰安婦決議に対しても「事実にまったく基づいていない」と云って憚らない人です。
 彼を、幹事長、選挙の顔だかにしようと発想した福田首相、国民からだけでなく、時代からも見放されるでしょう。ここに自民党の本質的終焉を感じます。

|

« 自公内閣の「安心」は保険会社の元々信用出来ない安心プランより信用できません。まるで狼少年。 | トップページ | 人の一生が終わる時のことについて、患者の年齢にかかわらず、これまで一生懸命話し合ってきた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自公内閣の「安心」は保険会社の元々信用出来ない安心プランより信用できません。まるで狼少年。 | トップページ | 人の一生が終わる時のことについて、患者の年齢にかかわらず、これまで一生懸命話し合ってきた。 »