« 人の一生が終わる時のことについて、患者の年齢にかかわらず、これまで一生懸命話し合ってきた。 | トップページ | 今は北京オリンピック開会式ですね。私の思ったこと。 »

2008年8月 6日 (水)

世界大会・広島の大きな発展に心を強くします。

 昨日から始まった原水爆禁止2008年世界大会・広島。
今年は国連機関代表として国連軍縮問題担当上級代表をはじめ海外の国家代表も参加し、原水爆禁止運動の世界的たかまりを示す大会になりました。年毎に参加者の層が厚くなる、これは核兵器の廃絶を目指す世界の人々に大きな励みと、勇気を与えてくれます。
 広島・長崎の被爆者の平均年齢が75歳に成りました。未だ、被爆の苦しみと恐怖から現実に解放されないことを思うと、この核兵器が人類の生存と相容れない物である事を痛感します。現在のアメリカ日本大使シーファーはあの戦争を早く終結させる為に広島・長崎への原爆投下は必要だったと述べました。
 広島・長崎の原爆投下は戦後アメリカ国内でも批判がで、人道上の責任が追及されだしました。これから逃れる為のいい訳として出来たのが、このシーファーの云い分だったのです。「より多くの人命が失われないためだった」。未だにこれしか云えないお粗末振りと、今も実践的核兵器を開発しているアメリカの姿勢が世界から問われています。
 ここに、当時アメリカで原爆開発に関与した女性物理学者ジョアン・ヒントンさん(86歳)のことを書きます。
ヒントンさんは戦後悩んだ末に物理学者を止めます。自分の研究がこのような悪魔の爆弾を作ってしまったことへの抗議と嫌悪からでした。上司は「おもちゃをつくる」と云っていたといいます。そのご、広島・長崎への投下を新聞で知り、暫らくして研究所内に集められ、アメリカ軍が広島・長崎の被爆地で撮影した映像を見せられ、人の手の影が焼きついた石の写真などを見ながら「まさか市民の上に落とすとは思わなかった」と思ったそうです。終戦から間もなくワシントンの連邦政府に、原爆投下に抗議にいったのです。48年、中国に渡り永住します。「粗末な食事と素朴な武器で日本に勝った中国人民に興味があった」そうです。
 中国でアメリカ人男性と結婚し、全米科学者連盟などに戦争反対を呼びかけながら、乳牛300頭と暮らしています。
 彼女の発言でも判ります。戦後研究所に集められ、被爆地の写真を見せられた事だけでも、戦争を早く終結させる為ではなかったことが。「壮大」な実践現場実験だったのです。

 シーファーよ去れ。ブッシュよ去れ。日本人の政治家で、日本も核武装をなどと叫ぶ自公、民主の政治家よ去れ。原爆を容認する政治家よ去れ。
 
 

|

« 人の一生が終わる時のことについて、患者の年齢にかかわらず、これまで一生懸命話し合ってきた。 | トップページ | 今は北京オリンピック開会式ですね。私の思ったこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人の一生が終わる時のことについて、患者の年齢にかかわらず、これまで一生懸命話し合ってきた。 | トップページ | 今は北京オリンピック開会式ですね。私の思ったこと。 »