« 国民の為の財源はなくても、政党助成金は別ですって。選挙資金百パーセント助成金頼みの政党ご存知ですか? | トップページ | 9月15日付け「赤旗」主張の全文。『敬老の日、高齢者の安心は若者の安心だ』。 »

2008年9月14日 (日)

政治資金報告書が語る政党の在り方。

 政党の運営費を含めて、どのような財源で運営が出来ているかはその政党の存在意義と、国民に対する貢献度を示していると思いませんか?前回の記事に書きましたが、国民の税金を頼りに政党が存在するのと、一人一人の国民から支持されて募金を集めて運営するのと、どちらが民主主義だと思われますjか?
 企業から政治資金を集めるのなら、当然企業の主張を政策に反映させるでしょう?投票権の無い企業からお金を貰って、その企業集団に利益を還元しなければ、その企業は株主から背任在で訴えられます。当然です。
 今の世の中は、働く人の人権をも潰すようなことをして大企業は儲けを出しています。馬鹿な大企業云い成りの政治家はこれを当然視しています。
 では、私達は庶民です。私達を酷使して利益をあげて来た大企業に応援されながら、本当に私達の生活に良いこと出来るのでしょうか。私達個人が例え支持してカンパしても僅かな額ですよ。大企業は個人献金とは違うとてつもない額を資金援助するのです。当然、大企業の云う事を聞き入れます。当然です。
 自民党、民主党。私達の多くが支持する政党は、このような資金で運営されている事に気が付きましょう。これが二大政党の本質ですから・・・そこに国民の幸せは在りません。

|

« 国民の為の財源はなくても、政党助成金は別ですって。選挙資金百パーセント助成金頼みの政党ご存知ですか? | トップページ | 9月15日付け「赤旗」主張の全文。『敬老の日、高齢者の安心は若者の安心だ』。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国民の為の財源はなくても、政党助成金は別ですって。選挙資金百パーセント助成金頼みの政党ご存知ですか? | トップページ | 9月15日付け「赤旗」主張の全文。『敬老の日、高齢者の安心は若者の安心だ』。 »