« 「テロとの戦い、憲法違反から直ぐ止めろは無責任」石破総裁候補の思いは自民党全体の常識、国民にとっては非常識。これ程感覚がずれている。 | トップページ | 政治資金報告書が語る政党の在り方。 »

2008年9月13日 (土)

国民の為の財源はなくても、政党助成金は別ですって。選挙資金百パーセント助成金頼みの政党ご存知ですか?

 政党助成金が無ければ選挙も戦えない、これで政党なのでしょうか。現実に日本の政党に存在するのです。
選挙は議会政党の命で在り、選挙を自らの力で戦えなければ本来は一議席も得られないはずす。政党に税金を投入する仕組みを自らが作り、資本主義を守ろうとする。これは正真正銘の国営政党です。
 百パーセントは一党だけですが、80,8パーセントが自民党です。立候補に当たっての供託金にも四千二百万円を助成金から支出しています。この党も殆ど国営政党。90,5パーセントは公明党。この党も国営政党ですね。64,3パーセントは社民党。まあこの政党は議席が減ったので助成金に頼るウウェイトが少なくなりましたが、かつては90何パーセントかを占めていました。私がブログで「国営政党は去れ」といつか書きましたが、現在はチョッと多い半官、チョッと少ない半民です。ゼロパーセントは日本共産党です。大体から憲法違反の制度として、受け取りを拒否しています。資本主義を少しでも民主的に改革し、いつかは、国民の多数の意思での共産主義社会を、社会発展の道筋と描いている最も資本主義的ではない政党が、一番民営、国民に支えらている政党なのです。
 残る政党は、二大政党を自ら名乗る、「我等が」民主党です。この政党こそ百パーセント選挙資金を助成金に頼っている唯一の政党です。
 国民が自ら食べる事が出来なくなって、命を維持することができなく成った人は多いですよ。それは福祉予算が削減され続け、生活保護も同様の運命を辿り、結果として命を奪ってきたのです。この理由は「財政が苦しい」。
 人間の命ある生命体の最後の一線、食べることさえ出来ない人々を差し置いても使える税金が、価値在る予算が、国家予算として存在するのですか?それでも在ると云うのなら、真面目に教えて欲しい・・・
 
 私はそのような存在は在り得ないと考えます。
これが、多くの皆さんが期待する民主党の本質なのです。テレビからこれからも流される宣伝は、私達の税金から支払われている、そのような目で見てください。この宣伝費が、ちゃんと国民の為に使われていたら、死なないでもすんだ人がたくさんいる事を忘れないで下さい。

 最も資本主義の問題点を指摘する政党が、自らの意志と、国民とのつながりを大事にし、絶対税金の助成を受け取らない、国営政党に成らない姿は、皆さんの心にすとんと、落ちませんか?そこに、政党の主張の真実が在るのです。

 

|

« 「テロとの戦い、憲法違反から直ぐ止めろは無責任」石破総裁候補の思いは自民党全体の常識、国民にとっては非常識。これ程感覚がずれている。 | トップページ | 政治資金報告書が語る政党の在り方。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「テロとの戦い、憲法違反から直ぐ止めろは無責任」石破総裁候補の思いは自民党全体の常識、国民にとっては非常識。これ程感覚がずれている。 | トップページ | 政治資金報告書が語る政党の在り方。 »