« 若者が自ら立ち上がって生活・政治を変える運動の盛り上がりが、70年代を髣髴とさせる今。 | トップページ | 国会解散を与党に請い願う、民主党の愚かな立場と、国民の利益を擁護する日本共産党の立場との根本的な違い。 »

2008年10月13日 (月)

十五年間の悪政を推進してきた、政権交代劇。小沢・鳩山・管氏らの重大な責任と、民主党政権交代万能論の嘘。

 自民党の政権でさえ無ければ良いこと在るように聴こえる「政権交代万能論」。これ既に、何も国民にとって意味を成さないことが実証済みの古い国民騙しの論法です。ですがこの「論」、朝日新聞が特に抜きん出ていますが、日本の大手新聞論調全体の「二大政党待望論」を含め主要な内容です。結果は民主党「頑張れ論」「政治の活性化論」。二大政党を行ってきたアメリカをはじめイギリスなど世界の先進国では、二大政党では国民の利益も意見も集約できないと言う国民の声が大きく起こってきていますが、何も具体的に検証しないで日本経団連はじめ政府の狙う「二大政党」作りを鸚鵡返し(おうむがえし)に主張するところに、日本の大手マスメディアの救いがたい権力迎合の姿勢を見ます。この主張は、政権がいつも自民党とそれに連なる連立相手、民主党とそれに連なる連立相手、このどちらかの手に必ず委ねられることを目標にしているのです。何故でしょう。このどちらが政権を担っても、政治の根本、誰のために政治をしなければいけないのか、この根本的な命題にブレが無いからです。経済政策、外交政策。財界一番、アメリカ一番。この点で何も違いが無い。この点で絶対ぶれない財界とアメリカの味方。この間の国会で「給油活動法案」を審議無しで成立させる約束までして、自民党に喜ばれているではないですか。財界もアメリカも喜んでいます。 
 今ぶれない政党は日本共産党だと言う思いがが国民の中で多くの人々の共通の思いとして沸き起こっています。当然です。日本共産党は政治の第一は国民の生活、これが、いの一番と思い政策を打ち出しています。それが政治の根本的役割で在ると、その国民生活を守る最大・最低の必要な条件が平和である事。ここに命を懸けてきた政党です。自民党、民主党と対極に在る政党です。それではこの「論」の嘘を、94年からの十五年間の連立政権の施策を列挙して明らかにします。
  
 93年8月~94年5月 非自民連立政権  顔ぶれ 細川・羽田・小沢・鳩山。 
消費税を「国民福祉税」にと主張して七パーセントアップを云い出し、お米の輸入自由化を決め、これが日本の農業を追い詰め、食料自給率の引き下げのもとになったのです。小選挙区制を導入し民意が反映されにくい制度にし、国民の一票に死に票を大量に作り出し、国民の意思と議席に大きな違いを生み出しました。政党助成金も強行。国立政党をつくりだしました。国民には予算が無いからと我慢を強いて、政党は税金で豊かに運営する憲法違反の制度を作りだしました。有事法制の必要性を主張しまた。
 94年6月~98年6月 自社さ連立政権。 顔ぶれ 村山・橋本・管。
消費税増税、3パーセントから5パーセントに。増税と社会保障改悪で9兆円国民負担増。食料管理法を廃止してお米の流通を届出制に。ここに最近の汚染米問題の原点が在ります。更に、現実にお米輸入自由化協定批准を強行し、米不足ではないのに輸入を「強制」し減反政策を押し付けたのです。結果として、肥沃な農地であっても、減反のために野ざらしにされる結果が起こりました。健康の面では、健康保険の本人負担割り合いが一割から二割に増えました。またお年寄りが必要な介護を受けるに当たって保険料の支払いが導入されます。更に保険料天引き、国保障取りあげが地方に義務化されます。年金も支給開始日が60歳から65歳に引き伸ばされます。今大問題の派遣労働の自由化のもと、対象業務拡大はこの時に決まりました。村山氏が首相に成ったときからすぐ、社会党の日米安保条約容認、自衛隊容認が打ち出されます。何の説明も無く。日本社会党解党のきっかけに成りました。沖縄の基地たらい回しも日米で合意しました。日米共同と言えば聞こえは良いのですが、アメリカに軍事協力するためのガイドライン法も締結しました。
 98年7月~01年3月 自自・自自公政権 顔ぶれ 小渕・森・小沢・神崎。
法人税を引き下げました。銀行への30兆円税金投入を強行しました。企業が労働者を首切りすれば減税する事も産業再生法の名前で成立しました。結果、首切りオーライ、減税効果を招いたのです。アメリカの戦争に加担する周辺事態法を成立させて、具体的な戦争法が、平和憲法を持つ国で強行されたのです。
 
 この後は小泉政権につ続き、皆さんご存知の現在の国民いじめ政治です。その基礎は、この間の連立政権の中で全部出来てきたのです。現在の民主党の小沢・鳩山・管氏らは、一貫して政府に関わってきたのです。しかし、国民の為の政治は行われませんでした。結局、本質、中身の違わない政権交代は何も政治を変えられないという事実が残ったのです。アメリカ云いなり、財界優遇の根っこを変えなければ、いくら政権が変わっても国民の為の政治は実現しないのです。政権交代万能論は嘘です。
 

|

« 若者が自ら立ち上がって生活・政治を変える運動の盛り上がりが、70年代を髣髴とさせる今。 | トップページ | 国会解散を与党に請い願う、民主党の愚かな立場と、国民の利益を擁護する日本共産党の立場との根本的な違い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 若者が自ら立ち上がって生活・政治を変える運動の盛り上がりが、70年代を髣髴とさせる今。 | トップページ | 国会解散を与党に請い願う、民主党の愚かな立場と、国民の利益を擁護する日本共産党の立場との根本的な違い。 »