« 国連の自由権規約委員会が勧告。死刑制度廃止を前向きに検討すべき。従軍慰安婦問題でも、十分な保障と謝罪を勧告。 | トップページ | 大阪・橋下知事の高校生に対する発言を聴いて、私は怒った。橋下知事を支持した府民も聞いて欲しい。 »

2008年11月 1日 (土)

情けない!温暖化防止もアメリカ追従。全人類的課題も自国で決められないだらしなさは、もう日本の特性なのか。

 地球温暖化防止の次期協定の交渉を担当する外務省高官が、交渉の最優先課題は米中両国の参加であり、米国が新協定に不参加なら日本も参加すべきではない、と発言しました。
 10月23日にワシントンで開かれていた日米関係のシンポジウムで、外務省国際協力局の杉山晋輔・地球規模課題審議官は「現職に就いたとき、高村正彦外相(当時)から、『君の仕事は非常に複雑に見えるかもしれないが、単純に云えば米国と中国を関与させる事だ」と訓示を受けたと紹介し「世界の温室効果ガス排出量の20パーセントを占める米国が新協定に参加しないのなら、日本も参加すべきではない」と表明したのです。更に「もし、米国新政権が来年末までに交渉を達成する覚悟なら、日本政府もついていくべきだと思うが、新政権や新議会が米国内で新たな温暖化対策への支持をどこまで獲得出来るか判らない限り、日本は中国やインドと交渉しない」と述べました。いやはや、凄いアメリカ追従です。全人類的課題、それもアメリカの動きに従わなければ何も決められないということを白状しているのです。自分の頭の中には、アメリカ様しかない。まるで飼い犬状態です。
 こんな政治、根本から変えなければ駄目です。

|

« 国連の自由権規約委員会が勧告。死刑制度廃止を前向きに検討すべき。従軍慰安婦問題でも、十分な保障と謝罪を勧告。 | トップページ | 大阪・橋下知事の高校生に対する発言を聴いて、私は怒った。橋下知事を支持した府民も聞いて欲しい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国連の自由権規約委員会が勧告。死刑制度廃止を前向きに検討すべき。従軍慰安婦問題でも、十分な保障と謝罪を勧告。 | トップページ | 大阪・橋下知事の高校生に対する発言を聴いて、私は怒った。橋下知事を支持した府民も聞いて欲しい。 »