« 自公政権の総選挙伸ばしの戦法の、大きな戦略上の誤りがどこから招かれたかを明らかにします。 | トップページ | 田母神氏をかばう政府と防衛省の異常な態度に怒りを覚え、同時に彼らのこの姿勢こそが戦後64年経って、田母神氏らの歴史を直視しない「愛国心」を育てた。 »

2008年11月11日 (火)

田母神氏の作文と、防衛大学校の教科書、及び任命した安部政権の責任は重い。同時に彼が憲法に保障された民主的諸権利を持ち出すのは全くの詭弁で在り許しがたい。

 大日本帝国憲法下には国民は存在せず、天皇の家来と言う意味の『臣民』でした。この臣民に権利は無く、天皇の思し召しが存在しただけです。これは権利でも何でも在りません。普通誰でも大人と言われる人が持つ、近代的な普通選挙権も在りませんでした。女性の選挙権も長い事認めていませんでした。国民と言える立場の民(たみ)が居ない状況の中で、要するに国民が意見を言うという、言論の自由さえ無かった時代背景をまず判らなければこの田母神氏の発言の意味するところは曖昧に成ります。
 現在の防衛大学校、大学とは違います。学校に大が付いただけのものですが、この学校の必修授業「防衛学概論」で使用される教科書『防衛学入門』ではどのような史実が記載されているのでしょう。
 五百旗頭(いそかべ)真防衛大学校、校長は毎日新聞の九日付けの寄稿で「防衛大学に於ける歴史教育内容がどのようなものであるか、改めて調べて見た。あの戦争を賛美するような講義内容は・・・まったく見当たらない」
 校長はその様に語りましたが、これが噴飯もの。ウソばかり。
 防衛大学校の教科書にはどんなことが書かれているのでしょう。
「苦役的・刑罰主義的なヴェルサイユ体制化におかれたドイツにおいて、民族主義が燃え上がって報復を決意するのは当然の結果であった。また、この熱狂的な民族主義は、イタリア、日本、スペイン等に伝播していった」。
(だから仕方が無い、必然的なことだった、という論理です)。
「日清・日露戦争から始まり、これまでの戦争原因は欧米列強によるアジア侵略からの自衛を基本とし権益の増大とその衝突であり、自衛が基本」。
 これでも、あの戦争を賛美するような内容は無いと云うのか。権益の増大とは何を指しているのか。国民は天皇の家来で、なんの権利も無かったのです。たとえ権益が多く成っても、国民には関係ない時代。国民が主張する、手だてさえが無かった時代。天皇の方針にに反対すれば、殺される時代。
 この時代の戦争から、防衛大学校では、自衛の戦争だったと教えているのです。どのように正当化するのか。
 このような、教えの下、育つ人の思想は自ずと決まります。
 田母神氏の主張は、「日本は侵略国家であったのか」と云う疑問を投げかけています。答えは「ノー」で占められています。
 彼の様な主張は今までにも何も珍しく無い主張なのですが、問題になる事の本質が全然判らない、ここを彼が理解できない、更に現憲法まで云い募って「権利を主張」する馬鹿ばかしさと同じ根っこの浅はかさを感じます。
 自分は、昔の大日本帝国憲法下の『臣民』政策を大切にしながら、現憲法下の権利を主張する矛盾。
 明治時代に、例えば現憲法が成立していれば、無謀なアジアを被害国を誕生させた戦争も起きなかったのです。自分の国がしたことは、みな正しいと云えば、何も解決しないのです。客観的に歴史を見ていません。
 この人を、高級公務員の座に付かせたのは、あの靖国派の安部晋三氏です。内閣の閣僚を靖国派に占めさせた、特殊な政権の時を狙って、こんな人が航空自衛隊のトップに成ったのです。日本の恥です。

|

« 自公政権の総選挙伸ばしの戦法の、大きな戦略上の誤りがどこから招かれたかを明らかにします。 | トップページ | 田母神氏をかばう政府と防衛省の異常な態度に怒りを覚え、同時に彼らのこの姿勢こそが戦後64年経って、田母神氏らの歴史を直視しない「愛国心」を育てた。 »

コメント

以下をお読みください。

日本のお蔭でアジア諸国は独立した。日本という母は難産で母胎を損なったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジア諸国民が米英と対等に話せるのは、身を殺して仁をなした日本という母のお蔭だ。(ククリット・プラモード元首相)

以上

あなたが学んだ史実を「真実である」とするいう保証を、あなた自身ができるのであれば、田母神氏や戦前の日本を評価することはできると思います。戦後教育は、日本をしばらく統治していたGHQの指導の元に、日本の弱体化を目的とする教育であったことは、米国資料が証明していますが、これが真実ではないことをあなたは覆せますか?できなければブログでの批判を止めるべきだと思います。
マスコミに翻弄されてはいけません。マスコミは今、スポンサーであるパチンコ業界が牛耳っております。パチンコ業界のほとんどは、在日や、韓国系列の日本国解体を目論む組織です。
日本の歴史に触れるのであれば、本物の史実に触れてください。そして発言してください。アジア諸国で日本を批判しているのは、韓国と中国のみです。韓国中国は外交のカードとして、内政干渉を日本に対して行っているだけなのです。
天皇のみに権利があったというあなたの見解ですが、天皇は権利行使により臣民を虐待していたでしょうか?臣民生活の平和を願うのみです。中国はかつてアヘンという商業支配、イギリスの武力行使に滅びた。それを目の当たりにした当時日本政府は、欧米の植民地政策に対抗し、富国強兵政策をとり、アジア共栄圏を確保しようとした。それは侵略ではなく、各国の自給自足を促す行為を行ったのみです。
今、日本はアメリカの支配下と言っても過言ではありません。
仮に天皇に支配されたとして、アメリカに支配された方がいい、というのであれば田母神氏を批判してください。

投稿: 防衛大50期の者です | 2008年12月 3日 (水) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自公政権の総選挙伸ばしの戦法の、大きな戦略上の誤りがどこから招かれたかを明らかにします。 | トップページ | 田母神氏をかばう政府と防衛省の異常な態度に怒りを覚え、同時に彼らのこの姿勢こそが戦後64年経って、田母神氏らの歴史を直視しない「愛国心」を育てた。 »