« 限られた選択肢の中で選ばれたオバマ新大統領は、いかに国民の期待に応えるかが注目される。 | トップページ | 自公政権の総選挙伸ばしの戦法の、大きな戦略上の誤りがどこから招かれたかを明らかにします。 »

2008年11月 7日 (金)

バブル期を越える利益を上げる大企業の、期間工、派遣雇い止めを許してはいけません。

 バブル期を越える利益を上げている資本金十億円以上の大企業で首切りを開始したとこはどの会社か。
トヨタ自動車、トヨタ自動車九州、デンソー、豊田自動織機、日産自動車、マツダ、スズキ、キャノンプレジション、三洋電機コンシューマーエレクトロニクス等。
 今年も押し詰まってきた11月に成って、仕事が無くなればどうすれば良いのか。先の仕事の保障も、退職金も、失業手当も無い労働者がいっぱい居るのです。家族を抱えている労働者も当然います。この人たちは、大企業のバブル後の儲けを支えてきた労働者達です。バブルの崩壊によって、濡れ手で泡の商売が出来なくなった大企業に、儲けを与え続けてきた原動力はまさに不安定雇用という言葉で代表される日雇い派遣労働者、派遣労働者、請負労働者、期間工労働者達からの不当・違法な労働の搾取から得てきたのです。
 金融情勢の世界的影響によって全世界的金融危機が招かれ、特にアメリカの真似だけしてきた日本には大きな影響が出ました。現状を何も自分の頭で思考できない麻生政権は最初の内、この影響の日本への波及は大したことは無いと云っていました。今は、総選挙逃れの理由にまでしています。景気対策が大事というのは、国民の声だ。そこまで云うなら、大企業による身勝手な労働者首切りを規制する臨時立法でも出せば良い。ユーロ諸国では、その様な法律が出来ています。
 財務省の法人企業統計調査によると、自動車産業の大企業の経常利益は2007年度末に三兆六千六百三十七億円。これはバブル経済期の最高益1990年の一兆五千四百五十億円の約2,4倍の儲けです。キャノンなど精密機器メーカは四倍の儲けです。
 これらの企業が首切りをするのは、不当、違法な儲けを少しでも更に持続したいだけです。企業倒産とは無関係です。こんな大企業には、日本の国民に対する社会的責任を要求し、必ず果させなければいけません。これをきちんと求められない政党は、国民の味方では断じて在りません。

|

« 限られた選択肢の中で選ばれたオバマ新大統領は、いかに国民の期待に応えるかが注目される。 | トップページ | 自公政権の総選挙伸ばしの戦法の、大きな戦略上の誤りがどこから招かれたかを明らかにします。 »

コメント

千八百筆は凄い!でも、これ現に自公政権が企んで要ること・・・
総選挙を逃げながらも、今やっている事です、許せません!
こどもの保育も企業の儲け口。
奨学金も銀行の儲け口。
今、何故、企業の儲け口ばかり増やして、将来の日本の担い手を潰すのか。こいつらは、自公の政治家は、国民の敵です、明らかです。

投稿: やさえもん | 2008年11月10日 (月) 20時36分

コメント有難うございました。

投稿: やさえもん | 2008年11月 8日 (土) 17時39分

市場原理主義に翻弄され続ける世界経済。
フォーディズム(フォード方式の経済システム)の次の経済モデルの選択を誤った結果に他ならない。労働者=購買力であるからだ。
搾取された利潤がマネーゲームに向かい続けた15年、派遣労働者は増え続けてきた。
そんな派遣労働者の一人 叉葉賢(またはけん)氏が youtube に自身の歌を発表している。

http://jp.youtube.com/watch?v=v0siyuT_0as

我々はこの声を看過してはならない

投稿: うどん | 2008年11月 8日 (土) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 限られた選択肢の中で選ばれたオバマ新大統領は、いかに国民の期待に応えるかが注目される。 | トップページ | 自公政権の総選挙伸ばしの戦法の、大きな戦略上の誤りがどこから招かれたかを明らかにします。 »