« 子どもと『貧困』-新聞・赤旗より 2.三度の食事「最高だよ」・・・ | トップページ | 雇用・賃金を守れと立ち上がった1.29フランスのゼネストに250万人が参加。国民の多くが支持。 »

2009年1月31日 (土)

自民・民主が競い合って声高に「国会議員が自ら身を削る」と叫ぶことのインチキと、民主主義への犯罪性。

 国会議員は、自分の生活の為に税金を使った選挙で選ばれ、給与を得ているのか?特権も得ているのか?
本来、否であるべきです。自らの生活の為に議員に成るなど、絶対在ってはいけないことです。ましてや、議員に成るとお金が儲かる等はもっての外でしょう。
 本来議員は、村民・町民・市民・県民・国民各界の声を代弁して、議会で主張し政治を行う為に存在しているのです。だからこそ、議会開会中の非逮捕権などの特権も認められているのです。それであるからこそ、住民の数に対する議員定数が決まっているのです。この定数は一定の数が無ければ、その地域の或いは国民各階層の声を代弁出来なくなるのは当然です。したがって、議会を通しての民主主義が機能しなくなるのです。議会制民主主義の否定に成ります。
 例えば、ある一定の地域、百人の地域を例に取り上げましょう。富裕層の企業家が三人、まあまあの生活の人が十七人、生活に苦しさを感じる人が三十五人、困っている人が四十五人いたとしましょう。この、困っている人たち45人の声と生活に苦しさを感じる三十五人の声を議会に反映させなければ議会制民主主義社会は在り得ません。この住民の比率をいかに正確に議席に反映させるかこそが、民主主義の根本だと思います。
 さて、民主党が「我こそ議員定数削減の本家」等と主張していることは、皆さんご存知でしょう。この定数削減を、比例代表選挙区の定数削減で行うそうです。一番民意を正確に反映する比例代表の議席を、真っ先に減らすとは、民意を一体どう考えているのか?全ての選挙区が小選挙区になれば、その選挙区でトップ一人だけが当選するのですから圧倒的多数の死に票が生まれます。民意を反映しないということです。
 従って、民意を反映しない自民・民主のいわゆる二大政党作りがし易くなるのです。
こんな非民主的なことを解っていながら、「議員自ら身を削る」などと主張して国民騙しを声高に主張している自民党・民主党は、根本的に国民の味方では在りません。そうそう、小沢氏も自民党幹事長だったのですもの・・・

|

« 子どもと『貧困』-新聞・赤旗より 2.三度の食事「最高だよ」・・・ | トップページ | 雇用・賃金を守れと立ち上がった1.29フランスのゼネストに250万人が参加。国民の多くが支持。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもと『貧困』-新聞・赤旗より 2.三度の食事「最高だよ」・・・ | トップページ | 雇用・賃金を守れと立ち上がった1.29フランスのゼネストに250万人が参加。国民の多くが支持。 »