« 密かにアメリカと決めた「米軍ガム島」移転経費、日本の負担を法的に義務化させる・を絶対許さない闘いを今こそ! | トップページ | 民主党、小沢代表公設第一秘書逮捕に対する小沢氏の記者会見「検察権力の弾圧」説に大きな疑問を感じます。 »

2009年2月21日 (土)

読売新聞に視る積極的現状肯定・権力側報道の読者に対して果す否定的役割。

 戦前から、積極的に天皇絶対の専制政治体制を補完してきた読売新聞。
日本の戦国時代頃に、足利尊氏という武将がいましたが、皆さんも名前をご存知かと思いますがこの人が、日本の歴史上重要な役割をした人間であるという学問的意見を述べた学者に対して、「あのような意見は朝敵(天皇の敵・北朝〔ほくちょう〕)を歴史的に評価することで許されない」。この新聞社説を最初に掲げたのは読売新聞、当時「建武の中興」600百年に当たる年で一部の軍人・神職・政治家のあいだで記念事業を行い、後醍醐天皇を称え、天皇一棟政治を貫き、アジア侵略戦争に突き進もうとしていた昭和九年のことです。 
 それ以来何も変わらずに、権力側の意見を代弁しているのがこの読売新聞です。
 1、この新聞によると、派遣社員は正社員より給料がいい人がたくさんいるそうです。
 2、この新聞によると、派遣社員になったのは、自分の働く時間など勝手にしたい人が成ったそうです。
 3、この新聞によると、自分が選んだ派遣の道なのに、今更首切られたからといって文句を言うな。
 4、サラリーマンは不況なんか心配ない。毎月、給与が多少減っても出るのだから。
 5、サラリーマンは大企業に勤めている人が多いのでしょう?
 
 こんな意見とも思えない「意見」をしたり顔で喋り、堂々と「意見」だと思って語る。そこには,新聞というマスコミに対する庶民の信頼、それを読んでいれば、たいがいの常識はわきまえている筈だという思いを、読者に与えているのです。その大前提は、真実を、真相を語っているということです。アメリカに対して、世界同盟国の中だけでなく、世界歴史の先例の中でも一つも無いのに、3兆円以上のお金を日本国民の税金から支出する。それも、人を殺すアメリカ軍基地をアメリカの国土に作るために。
 日本人に対する社会保障費は、財源が無いからと削減されています。最低生活を守る生活保護費も窓口で受け付けない「水際作戦」が取られています。それによって自殺する国民も生まれています。アメリカに対する基地費用、3兆円以上の国民負担の財源は何故問われないのでしょう。変です!
 私が言いたいのは、これだけです。先に掲げた5つの項目は、読売新聞一紙だけを読んでいる人だから云える無知な質問に近いでしょう。現実を何にも知っていません・・・新聞報道を信じるだけでは何もあの、日本のアジア侵略戦争戦争を止められず、そのまま加害者と被害者の立場を両方経験した国民の苦難から何も学ばない姿勢です。その侵略戦争の引き手ばばあだった(歌舞伎などで、主役を舞台に引きだす為の役柄の総称)読売新聞は少しも懲りていません。また、同じ役割をしたいようですね・・・
 

|

« 密かにアメリカと決めた「米軍ガム島」移転経費、日本の負担を法的に義務化させる・を絶対許さない闘いを今こそ! | トップページ | 民主党、小沢代表公設第一秘書逮捕に対する小沢氏の記者会見「検察権力の弾圧」説に大きな疑問を感じます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 密かにアメリカと決めた「米軍ガム島」移転経費、日本の負担を法的に義務化させる・を絶対許さない闘いを今こそ! | トップページ | 民主党、小沢代表公設第一秘書逮捕に対する小沢氏の記者会見「検察権力の弾圧」説に大きな疑問を感じます。 »