« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月27日 (金)

ワールド・ベースボールでの「さむらい日本」表現に異議を申し上げます。

 「さむらい日本」って表現、何なんでしょうか?
私は、非常に違和感を持って見ています。他国の表現にあったでしょうか?
 私は余り野球に詳しく在りませんが、日本選手には知っている名前の人もいて親しみも感じ、応援します。でも、「さむらい日本」なる云い方には疑問と違和感と、警戒感を呼び覚ましてしまうのです。
 世界の国で、国の名前の前にこのような「形容詞」を付けていた国が在ったでしょうか?無いです!
 非常に日本の近・現代の特殊な表現だと思うのです。
 世界野球大会の報道に関して現れた一つの言い方かも知れません。でも、私は異議を申したいのです。
 日本は戦前から、より正確に言えば明治以降、日本は自己勝手で独特な日本特異論を国内に振りまいてきました。その特異論によって、「天皇によって体制が統一支配されてきた日本の特徴」。それによる「優れた日本民族」論。従って「アジアの盟主は日本」論。それを根拠にアジアを侵略した日本。「神風日本」、有名な言葉。
 ヤンキーアメリカなんて知りません。
 日本の伝統として自慢できるの言葉が「さむらい」なのか?一体侍は何をしたのか。人骨をも斬る刀を腰に差して、一体庶民に何をしてきたのか?
 わたし達は、単純な言葉使いに無知に成っていないでしょうか?
 こんな言葉、どうでも良いじゃない、と思いません?「さむらい」は日本人らしいから良いよ。
確かに、サムライは日本にしか存在しません。
 この「さむらい日本」って、誰が考えついた言葉だか知っていますか?
どのスポーツ新聞も、どのテレビも「さむらい日本」て報じています。こんな強力な言葉の共通は、個人では出来ません。もっと大きな力が在るからです・・・もう、騙されないで下さい・・・・・・ 

| | コメント (2)

実際に撃ち落としてみたくてしょうがない日本と、「狂った」トロツキスト国家北朝鮮。

 馬鹿も休みやすみしろと言いたい程、馬鹿げた事をしまくっている「社会主義」を名乗る北朝鮮。
今度は人工衛星打ち上げの為という大陸間弾道ミサイルの発射実験・・・
 この国家が金一族による、非民主主義などという言葉では表現できない金日成子孫の血族による超独裁「王朝」国家である事は多くの人の知る明らかなことで真実ですが、私がこの国家を許せないのは、世界平和構築の大義を根本から崩す役割を果しているからです。
 平和的日本国憲法を持つ日本が、軍備を強化するのも北朝鮮の役割が大きいのです。その為に、自民党は勿論、民主党も日本国民の税金を注ぎ込んで「国家防衛」の為の出費を当然視し、国民の多くに生活的影響を与えているのです。いくら、国民が苦しみ、こどもが生活苦で喘いでいても、国民が職も無く将来の希望を持てなくても、若くてもまともな職に就けなくても、大学を出ても職なし、大学院を終了してもワーキング・プアで、何にも仕事が無くても一切、国民の税金で、国家が何もしない。税金は絶対使わない。何も問わず軍事費には使う。
 この日本の現実を作り出す、国民の生活できている人々にも納得し易いこの状況を、「悪魔」のような国家・北朝鮮のやる事が大いに「役立っている」のです。反共思想の宣伝にも有効に使われています。
 こんな国家が社会主義国家なのか?絶対否!
更に、アメリカに従属した日本政府は、この野蛮な異常国家を最大限に利用して、ミサイル打ち落としの実際の機会まで得たのです。日本政府にとって北朝鮮様々ですね。
 ロシア革命のときに、多くの人が付いていけない過激な事を主張して国民を革命から離反させ、我こそ革命家の顔をして多数者の革命を破壊しようとした反革命家トロツキー。
 現在の北朝鮮ミサイル発射問題の本質的問題はここに在ると思います。

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

ソマリア沖派遣護衛艦(昔の駆逐艦)甲板に、初めて死体安置所が設けられた。誰を安置するのか。そして、本当にソマリア海賊対策の役に立つのか。

 アフリカ連合のジョフレイ・ムグミヤ平和・安全保障局長は言います。「ソマリア沖で起きている現状は、内陸で起こっていることの反映だ。我々はソマリアの問題を何とかして欲しいと国際社会に訴えてきたが、支援を得られなかった。内陸の解決がなければ海の問題も解決しない」。
 ソマリア沖には現在、欧米諸国の軍艦、インド・中国の軍艦等がが現地入りしています。ところが今年に入ってからの海賊件数は前年より増加し、過去最高を記録した昨年を上回るペースで発生しています。今年一月の26日間分の発生件数は14件、過去最高だった昨年一年間の発生件数118件を上回る発生ペースです。海での軍事対応の効果が無いことを示しています。
 自国の憲法も無視して、更に死体安置所まで二隻の護衛艦(駆逐艦)に特別に設置して、ソマリア沖に自衛隊を派遣するのはけっして海賊対策のためでは在りません。それはアフリカ連合のムグミヤ氏の発言にはっきり表明されています。「国際社会は海に軍隊を出すだけで、本当にして欲しい支援を何もしなかった」。
 防衛省は、この死体安置所設置をあまり公表しませんが、日本共産党の調査で明らかに成りました。どんな死体を安置するのかにも、いい加減な答え。「交戦による海賊の死者を安置するのが目的だが、自衛隊の犠牲者もありうる。それは隊員に動揺を与えるので絶対口にしない」。
 交戦で死んだ海賊の死体を日本の自衛隊が回収して、安置所に入れるはず無いでしょ。
 この事実を、どのマスメディアも報道しない。政府も云わない。多くの国民には知らされない。それで良いのでしょうか・・・

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

日本人の短期的伝統「刷り込み」「思い込み」「なんとなく」意識を批判します。

 新聞が絶え間なく記事に載せていると、そうなんだ と思い、テレビが連日報道していると成るほど と思う。単純ですね、頭の構造が・・・自分で考えているような錯覚にまで陥るのです、大して考えもしないで・・・
 自分の「考え」は新聞やテレビの報道のそのまま・・・新聞は真実を伝えているし、更にテレビは現場を映し出す。どこに間違いがあるの?
 でも、新聞やテレビが、もし報道しない事があったら、そんな事知らないし、大した事ではない・・筈・・。
だから、自分が持った意見は真っ当な意見・・・正当な主権者の意見。
 新聞の大半は広告です。一面全面広告など見るとまるで新聞記事みたいですよね。はじっこに「広告のページ」なんて書いて在りますが、注意して見ないと判りません。これって、お金を出している企業のページ。
 テレビにいたっては、数分刻みのコマーシャルタイム。これも、お金を提供している企業の画面です。
 このようにスポンサー(お金提供者)がいなくては当然経営も、紙面も、画面も成り立たないのが現在のメディアの現実です。
 お金を提供していれば、自分達にとって不都合なことは載せません、当たり前です。
 それを読み、見る国民はメディアの記事に感動し、或いは怒りを感じます。同時にその記事の「平等性」と、我が自分の意見の「公平性」までに確信を持つのです。ここに世論が作られるのです。
 でも、このためには一人の人間としてのとても重大な不作為が行われなければ成りません。
 自己の思考ゼロという、新聞・テレビの報道が正しいという大前提の下に自分の思考を停止するという、その条件下で想像力さえ発揮しないという、人間放棄に近いことをしているのです。考える葦はどこへ行ったのか・・・
 本来、日本人のもつ伝統的心には、豊かな想像力が在ったのです。例えば、野に咲く小さな名も知れぬような花を見ても、そこから人間の些細な心のきびを感じ、或いは優しさを思い出させたのです。江戸時代の瓦版のような、いい加減な内容にも心躍らせながら、同時にそこから想像力を働かせ事の真実を見い出してきたのです。
 現在の日本人のように「刷り込み」「思い込み」「なんとなく」が殆ど何も無い、豊かな想像力にあふれた、同時に真実を見抜く知力を持った知的な動的な人間集団だったのです。
 自民党・民主党の二大政党構想。どちらが政権についても、与党でいたい公明党。
 そんなことに惑わされず、国民生活の幸せと平和を築き、守るために行動する日本共産党。ここに、日本本来の目先の事に囚われない伝統の姿を見ます。

| | コメント (0)

2009年3月 9日 (月)

企業から、お金、広告代も含めて貰っている政党は、絶対庶民の味方には成れません。

 日本経団連の御手洗会長(キャノン社長)は、マスメディアの報道が御気に召さない頃に、「広告を全面ストップしてやろうか」と発言し、マスメディアを恫喝したのは比較的最近のことですが、彼は嘗て、朝日新聞から、キャノンの広告を全面撤去した時期がある札付きの前科者です。
 金持ち喧嘩せず と昔から言われている言葉が在りますが、この御手洗氏は『俺達の利益にそむく奴等は、恫喝しても止めさせる』という姿勢の持ち主です。
 個人の献金はたかが知れています。従って、御手洗氏個人が例え自民党なり、民主党に献金していたとしても、これ本当にたとえですよ、想像です。絶対たかの知れた金額です。きっと、一円もしていないと思います。ですから何千万も、何億もしているわけ当然、絶対に無いのです。私が個人献金として出せた最高額は一万円。
 企業の内部留保金が、この数年何倍とも言える単位で増えている事実が物語る本質的なことは、もう明快です。賃金の安い、社会保険を含む企業としての負担も要らない、非正規雇用労働者を企業の儲けの為に使い、労働者の新規雇用段階から採用の三割程度に正社員を押さえ、七割もの不安定雇用労働者、非正規雇用労働者を作り出したからです。ここまでやるか、というこんな非道な大企業からお金をせびって、お金が欲しい、お金が欲しいと乞い願う政党が、何で庶民の立場に立てるのか、考えれば当たり前です。そんな政党自民党。民主党。公明党などです。
 有名な新聞、読売新聞の記事によると、非正規雇用は、働く立場の人の、自由、楽な、自分にマッチした働き方を選ばせてくれたと・・・ですから、不安定な非正規雇用から脱出した、心を「改めた」妻子持ちの男性の意見を例えば記事として取り上げています。この男性、今は心をあらためて正社員になって一人独身寮に入って頑張っているそうです。素晴らしいでは在りませんか。新規雇用で三割しか正社員を採用しないのに・・・心を改めると変わるらしい。まるで宗教・・・逆に言えば、正社員に採用され無いのは、心の持ち方が間違っているからという事です。この読売新聞を購読している多くの人は、非正規雇用の働きかたを選んだ人はその人が自ら選んだ道だと思っているのです。ですから今の首切りに抗議すること自体身勝手だと・・

 私は許しません!

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

西松建設違法献金・838万円二階経産相を答弁不能に追い込んだ日本共産党・小池晃議員の追求。

 民主党の小沢一郎代表への献金額は、ずば抜けて多い。
 だが、事は、献金額の問題では無いと思います。企業からのお金を、違法承知の上で貰っていたことです。自民党の「大物」政治家も含め、どの政治かも、西松建設からの献金という自覚は無かったと云います。
 パーティ券代として多くの国民の年収以上のお金、838万円もただで貰いながら、日本共産党の小池晃議員の質問に誰から貰ったかは知らないと、とぼけた二階俊博大臣。
 小池議員「パーティ券は実際には西松建設が購入したものではないか?」。
 二階大臣「個々の寄付がどういう形で納められたか、いちいち承知していない」。
 小池議員「パーティ券を購入した団体はわずか八団体で、西松建設の二団体の金額が突出している」。
 二階大臣「色々パーティがあり、詮索しない」。
 小池議員「八百万円ものお金を出してくれる‘お得意様’が、どういう団体で、どういう性格の資金なのか判らないのに受け取るのか。そんな説明では誰も納得しない。極めて無責任な話だ」。
 二階大臣「存知上げないものは存知上げない」。
 その後の結局小池議員の怒りを込めた質問に対して「「今日、議論を呼んでいるわけだから、道義的に献金を返却することに決めた」と二階大臣は答弁ししたが更なる、小池議員が「返せばいいという問題ではない。道義的にとはどういうことか?」と聞くと「それを決定した会議に出ていない。話を聞いただけ」と二階大臣は答えに窮しました。答弁不能です。
  
 日本の政治史の上で、昔から(明治以降)大きな犯罪を生み、政治家・企業家・官僚が逮捕され、秘密を知りうる秘書を含め不幸な死者(殺人の可能性も含め)までだし、国民の政治不信を最大限に引き起こし、日本の政治をお金の力で現実に大きく捻じ曲げた企業献金自体が、かねてから大問題になっているのにも関わらず、根本的対策を絶対打たず、根本から逃げ回り、国民騙しの誤魔化し「対策」しか実行しない日本の政党たち、自民党・民主党・公明党は、本当の現実として国民に政治の主権が移る事に何も努力しもしない、従って国民民主主義に賛成しない政党なのだと私は実感します。
 何度でも言います。企業として、当面の使い道が無い、設備投資もしない莫大な内部留保金を作り増やし、持ちながら、立場の弱い労働者をいとも簡単に寒空と無収入に放り出す大企業から、どんな良心と優しさが在ると、自分達の政党の為にお金を出してくださいと頼めるのでしょう。そのお金を、今こそ雇用の為に役立てろぐらい何故言わないのでしょう。 
 彼らは税金からも莫大な助成金を受け取っているのです。
 何も受け取れないのは、それどころか、負担が増えているのは国民だけですよ!皆さん国民と同じ立場で、税金の不当な分け獲りも、拒否し反対している政党、企業からのお金も、団体からのお金も全て受け取らないのは日本共産党だけです。思想と思いは個人が持つべき物です。それは、強制をしてはいけないものです。税金の分け取り政党助成金制度は、何も判らない赤ちゃんを含めて強制的に一人250円徴集し、議席の多い政党に、それも、小選挙区制によって、国民の大多数の意思とかけ離れて得た議席数によって得るもです。各政党が、全国で得た得票数によるのならまだしもですが、それにしても、政党の生活費(活動費)を税金から得てはいけないと思います。どんなに政党運営が苦しくても、国民一人ひとりと同じ思いで政党も生活(活動)するべきです。もしこの税金負担が、民主主義のコスト・必要な出費なのだとだとすれば、私はこんな変てこな「民主主義」はいりません。狂っています。偽ものですよ!!

| | コメント (0)

2009年3月 5日 (木)

民主党の自民党との本質的同質をあからさまにしてきた、昨今の現実からを私は告発したい。

 国民騙しの民主党の本質を私はひろく皆さんに語りたいのです・・・
 自由民主党と基本政策全く一致(日米安保体制、自衛隊強化、日本財界重視)していて、政治の転換も・チェンジ(オバマ大統領の表現)も有り合えないのです。それが、実現するような錯覚を国民のあいだにばら撒いているのです。何でも、原因の本質的転換もチェンジも無く、最大の根本原因をそのまま放置して転換出来る訳無いのです。絶対在り得ません。
 日本国民の現実の苦難と困難は、日米安保条約と、財界本意の政治の実行に在ることは明らかです。
非正規雇用の拡大と正規雇用の縮小は、現実に財界の要求でした。これを、労働者の働き方の自由さの実現などということは、余りにも労働者を馬鹿にしています。こんな主張をしている政党、自民党・民主党・公明党は、財界から資金を貰っています。公明党は公明新聞・聖教新聞の広告代として・・・自民党・民主党は直接な企業政治献金として。それさえ誤魔化してきたのが、今回の小沢代表公設第一秘書逮捕事件です・・・
 税金の分け取り・政党助成金も受け取り、更に企業献金もいくらでも受け取る。
企業が、その企業の利益に成らないお金を出資すればそれは犯罪です、背任罪。
 企業献金を絶対無くさない、受け取る。ここにその政党の本質的立場が明らかにされるのです。
 今、世界的にアメリカ発の不況が襲い、日本は、世界のどの国よりも当時国アメリカよりも、不景気の波が最大級に襲っています。その原因は外需頼み、アメリカ依存の体制に日本の全てが、それこそ本当の全てが成ってきたからです。そんな自民党の政治に何も抵抗も抗議もせず、それを許してきたのが民主党であり、自民党のコバンザメ公明党・民主党頼りの社民党です。
 わたし達、もうそろそろ気が付きましょうよ。誤魔化しを見抜きましょうよ・・・
民主党が政権を獲っても、非人道的労働者切捨てを率先して行っている企業からの企業献金を心から歓迎し心待ちにし、日本経団連の作った「通信簿」に応え、苦しんでいる国民の税金を分捕るこの政党には、何もこの政治を変えられませんよ・・・ お考え下さい。労働者の命も、住居も奪う非正規労働者雇い止め・首切りを昨年の12月、年末に実行したトヨタ・ソニー・ナショナル(パナソニック)などの日本、世界の名だたる日本の大企業の行い。これに、真剣に抗議できなければ国民の命は守れないのが現実なのです。お金を貰っていては出来ません!
 小沢氏は、政治資金法が悪いという事を主張しました。政治献金と、企業献金をごちゃ混ぜにして、どちらにしてもちゃんと、公開さえしていれば、良いではないかと言うのです。
 馬鹿を云っちゃいけない。企業が出すお金に、本質的区別何か在りません。国民一人ひとりは困苦の中で、どこも頼れず四苦八苦して生活せざるを得ません。何故政党だけが税金は分け獲り、更に大企業からも金を貰えるのか。法人税率が減って、地方の税務署は税収アップの為に個人事業主をターゲットにしています。何も悪い事をしていない個人が狙い撃ちされ、追徴税を課せられるのです。調査が入ったら、いわゆる「お土産」を差し出し、手ぶらでは税務調査員を帰せず、必ず税金を追加しなくては許されないのが国民周知の現実です。抗議も出来ません。小沢氏の主張は国民の実感とかけ離れていて、受け入れられないでしょう。 
 

| | コメント (0)

2009年3月 4日 (水)

民主党、小沢代表公設第一秘書逮捕に対する小沢氏の記者会見「検察権力の弾圧」説に大きな疑問を感じます。

 大体から、民主党はそんなに今の権力から恐れられているのでしょうか?大体から・・・
財界に献金をお願いしている政党。 
国会でも、財界が求めてやまなかった非正規労働の自由化に賛成した政党。
日米安保条約を絶対大切としている政党。
結党の最初から、自民党政治に呆れた選挙票が日本共産党へいくことを阻止する為と宣言した政党です。
 こんな、民主党が総選挙前の今、打撃を受けて損するのは財界とアメリだでけです。
 財界も、アメリカも、日本のマスメディアも総力を挙げて「二大政党」作りに励んでいるのです。「二大政党」制、ちょっと良さそうだと国民にやっと少し浸透させてきている最中です。折角ここまで来たのに、ここで、民主党弾圧は、私には考えられません。本当に国民の意思表示を弾圧しているのは、全国的問題ではビラ配布の自由侵犯「事件」不当逮捕と判決であり、東京都が提出しようとしている「安心・安全」法。国旗・国家法が定まる時からの「強制しない」が東京都教育委員会によって破壊されている現実。
 このような事態に、何も反対せず、抗議もしなければ、逆に議会で賛成している民主党が弾圧される理由は何も在りません。小沢代表の逃げとしか私には思えません。 ロッキード事件で逮捕された小沢氏の親分・田中角栄元首相の「越山会」と同じような名前の「陸山会」ですって・・・真似して付けた名前でしょうね・・・
 民主党の、命取りに成るかも知れません。何しろ民主党幹部会も、副代表も、小沢氏の今回の態度表明内容を認めたのですから・・・もう、言い訳は出きません。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »