« 西松建設違法献金・838万円二階経産相を答弁不能に追い込んだ日本共産党・小池晃議員の追求。 | トップページ | 日本人の短期的伝統「刷り込み」「思い込み」「なんとなく」意識を批判します。 »

2009年3月 9日 (月)

企業から、お金、広告代も含めて貰っている政党は、絶対庶民の味方には成れません。

 日本経団連の御手洗会長(キャノン社長)は、マスメディアの報道が御気に召さない頃に、「広告を全面ストップしてやろうか」と発言し、マスメディアを恫喝したのは比較的最近のことですが、彼は嘗て、朝日新聞から、キャノンの広告を全面撤去した時期がある札付きの前科者です。
 金持ち喧嘩せず と昔から言われている言葉が在りますが、この御手洗氏は『俺達の利益にそむく奴等は、恫喝しても止めさせる』という姿勢の持ち主です。
 個人の献金はたかが知れています。従って、御手洗氏個人が例え自民党なり、民主党に献金していたとしても、これ本当にたとえですよ、想像です。絶対たかの知れた金額です。きっと、一円もしていないと思います。ですから何千万も、何億もしているわけ当然、絶対に無いのです。私が個人献金として出せた最高額は一万円。
 企業の内部留保金が、この数年何倍とも言える単位で増えている事実が物語る本質的なことは、もう明快です。賃金の安い、社会保険を含む企業としての負担も要らない、非正規雇用労働者を企業の儲けの為に使い、労働者の新規雇用段階から採用の三割程度に正社員を押さえ、七割もの不安定雇用労働者、非正規雇用労働者を作り出したからです。ここまでやるか、というこんな非道な大企業からお金をせびって、お金が欲しい、お金が欲しいと乞い願う政党が、何で庶民の立場に立てるのか、考えれば当たり前です。そんな政党自民党。民主党。公明党などです。
 有名な新聞、読売新聞の記事によると、非正規雇用は、働く立場の人の、自由、楽な、自分にマッチした働き方を選ばせてくれたと・・・ですから、不安定な非正規雇用から脱出した、心を「改めた」妻子持ちの男性の意見を例えば記事として取り上げています。この男性、今は心をあらためて正社員になって一人独身寮に入って頑張っているそうです。素晴らしいでは在りませんか。新規雇用で三割しか正社員を採用しないのに・・・心を改めると変わるらしい。まるで宗教・・・逆に言えば、正社員に採用され無いのは、心の持ち方が間違っているからという事です。この読売新聞を購読している多くの人は、非正規雇用の働きかたを選んだ人はその人が自ら選んだ道だと思っているのです。ですから今の首切りに抗議すること自体身勝手だと・・

 私は許しません!

|

« 西松建設違法献金・838万円二階経産相を答弁不能に追い込んだ日本共産党・小池晃議員の追求。 | トップページ | 日本人の短期的伝統「刷り込み」「思い込み」「なんとなく」意識を批判します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西松建設違法献金・838万円二階経産相を答弁不能に追い込んだ日本共産党・小池晃議員の追求。 | トップページ | 日本人の短期的伝統「刷り込み」「思い込み」「なんとなく」意識を批判します。 »