« 教育費への支出が先進28ヶ国中最低なのも安保条約のせいです。その証拠に軍事費は世界トップレベルです。 | トップページ | 自公政権は完璧に狂っています、野党第一党もまるで無きが如し。なんのドサクサだか判りませんが重要法案が目白押しですよ。でも日本共産党以外の政党の存在感の無さ! »

2009年4月22日 (水)

和歌山カレー殺人事件の最高裁死刑判決に想う、死刑制度の根本的問題。

 林真須美被告に最高裁で死刑判決が出ました。
 一貫して犯罪行為を認めず、何も確定的実証拠が存在しなかった被告に死刑の判決が出された。
私の何となくの想いは、この人犯人だろうな、でした。
 この想いは松本サリン事件の河野さんの時も想ったことをまざまざと覚えています。河野さんが逮捕された時に、私の知り合いで松本出身の方が「あの人よ、あの人ならするわよ、有名な変人で変わった人だったの」。その言葉がなくてもきっと私はそう想っていたでしょう、私に取っては随分昔の出来事ですが・・・
 私が林真須美氏であって、例えば実際に犯行を行っていなかったとしましょう。状況証拠的には犯人と決め付けられ状況るだったとしましょう。それが認められば現在の日本なら死刑です。それはそうでしょう、たくさんの罪もないこどもも含め殺した事件ですから・・・でも私は犯行を行っていないのです。状況証拠だけで私は死刑に成るのですか?それが当然なのですかと聞きたいのです。更に、否認しているが為に、反省の余地がないとまで決め付けられるのです。これからの取調べでは「お前がいくら否認しても状況証拠で死刑だぞ!罪を認めれば情状酌量で減刑も在るんだぞ」なぞと云われれば私も殺されたくないので犯していない罪を認めてしまうかも知れません。   
 私はこう考えます。裁判所は本来私が罪を犯したことを証明しなければいけないと・・・私がいくら否定しても確たる証拠を示さなければ成らない。私が否定しようもない実証拠を・・・証明は裁判所がしなければ成らないと。
 だって状況証拠では私が犯人で在るとしか考えられないと云う、お前以外の犯人は到底考えられないという事は、あくまでも考えられないと云う域です。それで死刑で、殺してしまって良いのでしょうか?
 思い起こしましょう。松本サリン事件の時、もしかしてあなたは新聞やテレビを見ていて河野さんが犯人だと思いませんでしたか?私は思いましたよ・・・でも真犯人はオウムでした。河野さんは被害者でした。
 取り返しが付かないのが死刑制度なのです。何故って犯人らしき人を殺してしまうのですから。
 今回の最高裁の判決に対して「この判決を聞く為に頑張ってきた」という被害者遺族のお言葉を聞きますと、全く持ってそうでしょうと思うのですが一方「動機不明は納得出来ない」と言う発言も理解できるのです。
 最悪の悪い事を犯したなら「殺せ」が死刑です。犯人の「動機」も聞けなくしてしまうのです。
 裁判所が私の犯罪を証明出来なく、犯した可能性が極めて多きいだけで私は殺されたくないのです。
ここに死刑制度の根本的問題が在ると私は思います。何でも自分の問題、自分に降りかかった問題と想像する時に、初めて実感的に、それが極めて客観的に物事を思考できる方法だと私は考えます。
 私は林真須美氏の無実を主張しているのでは在りません。

|

« 教育費への支出が先進28ヶ国中最低なのも安保条約のせいです。その証拠に軍事費は世界トップレベルです。 | トップページ | 自公政権は完璧に狂っています、野党第一党もまるで無きが如し。なんのドサクサだか判りませんが重要法案が目白押しですよ。でも日本共産党以外の政党の存在感の無さ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育費への支出が先進28ヶ国中最低なのも安保条約のせいです。その証拠に軍事費は世界トップレベルです。 | トップページ | 自公政権は完璧に狂っています、野党第一党もまるで無きが如し。なんのドサクサだか判りませんが重要法案が目白押しですよ。でも日本共産党以外の政党の存在感の無さ! »