« グアム移転経費は日本の義務だけという不平等「協定」を押し付ける麻生自公政府は、本当に日本国民の為の政府なのか。 | トップページ | また再び、東京オリンピック開催に大反対します。 »

2009年4月10日 (金)

安保条約は平和的に解消できますが、グアム協定は成し遂げるまで続きます。今こそ大反対して拒否しなければなりません。(日米安保条約は平和的に解消できる)

 何の為にも成らないどころか、アメリカが世界的に効率よく軍事行動する為だけのグアム基地新設と沖縄辺野古最新鋭基地建設、これがセットになって日本国民の税金が湯水のようにこの二つの新基地建設資金として提供させられるのです。アメリカの負担は一円も協定に書かれていないのです。最後まで義務が設定されているのは日本側だけです。辺野古に最新鋭基地を造るのですから沖縄の負担軽減に成っていません。それなのに自公政府は「沖縄の負担軽減のため・・・しょうがない」と嘘の主張を国民に、まるでお題目のように唱えています。
 沖縄に、アメリカにとって古くなって小さな普天間基地に変わる最新鋭の広大な新基地を海を埋め立て、海洋生物を殺してまで造るのですよ。このどこが沖縄の負担軽減なのか!ここの何処に普天間基地返還として沖縄県民にとっても、全国の国民にとっても負担軽減と云えるどの様な意味が在るのでしょう。
 日米安保条約には解消手続きが条文化されていて、日米どちらかが解消すると通告すれば一年後には極めて平和的に解消されるのです。日本の国土から一年以内に全てのアメリカ軍基地が撤去されるのです。これが条約です。徹底的に日本にとって不平等な安保条約ですが、条約としての体裁を取らなければ20世紀の世界に通用する条約の体を成しません。だが今度のは協定です。中身は甚だしい不平等協定でも、それを廃止する文言が無く、日本政府がたとえ日本共産党の参加する連合政府になっても、この義務だけは負わなければ成らない仕組みが書き込まれているのです。こんなこと、許しても良いのですか?お考え下さい。

|

« グアム移転経費は日本の義務だけという不平等「協定」を押し付ける麻生自公政府は、本当に日本国民の為の政府なのか。 | トップページ | また再び、東京オリンピック開催に大反対します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グアム移転経費は日本の義務だけという不平等「協定」を押し付ける麻生自公政府は、本当に日本国民の為の政府なのか。 | トップページ | また再び、東京オリンピック開催に大反対します。 »