« 郵政民営化の「呪文」にただ乗せられ衆議院絶対多数を自民党に与えた国民。今度は気が付くでしょうか「二大政党」自・民の違いの無さに・・・ | トップページ | 何故今、私は日米安保条約をことさら取り上げるのか。それは国民に実態が隠されていて、国民の多くが関心を持たず、気にかけていないからです。日本の根本的病巣なのに・・・ »

2009年4月17日 (金)

健康保険料が高いのも、シャッター通り商店街も、日本の農家が食べられないのもみんな日米安保条約が原因どとすれば、まだあなたも安保賛成だと言えますか?

 国民健康保険の保険料高過ぎると思います。払えない家庭が増えるの当然です。したがって保健証の無い家庭が生まれます。こどもが病気に罹ってもお医者さんにいけない家庭が増えています。
 農家は朝から晩まで働いても安い外国産農作物に押されて売れず、生活できません。日本の主食お米作り農家でさえ米離れが進み食べていけません。
 東京をはじめとする大都市はあまり知りませんがチョッと離れた地方都市では商店街がまるで死んだように見えます。私の住む前橋市では地元商店の組織である商店会さえ無くなりました。商店会を持っていても人が来ないからする事が無いのです、まるでアーケードだけがある陽の当たらないさびしい通りです。

 日米安保条約がこの原因だと言っても多くの皆さんは信じないでしょうが、信仰ではないのですから信じる必要は何も在りません、私達にとって大切な事は事実なのですから・・・
 
 1960年以降、私達の生活の全てのカギ、キーワードは日米安保条約に在るのです。
 皆さんもご存知の60年安保闘争、当時大人でなかった方でも名前は聞き覚えがおるかと思います。当時の自民党・岸信介内閣は多くの国民の反対を押し切って国会で強行採決してこの日米安保条約の改定をしました。改定されたこの安保条約に現在の日本を出来(しゅったい)させる全ての原因が在り条項が在るのです。ですから大反対運動が日本全国で沸き起こったのです。この当時、この条約改定に賛成していた政党は自民党だけでした。でも、現在この条約に賛成で、最も大事な日米同盟で重要だと言う政党はたくさん在ります。自民党は勿論民主党、公明党、社民党、国民新党その他、日本共産党以外の全ての政党がそうです。

 ではここにあげた一つひとつにの例を検討します。
 まず国民健康保険・保険料の高さ。アメリカには公的国民皆保険と言う制度が実質在りません。したがってお金の在る人は民間保険会社の保険に加入しています。ですから健康保険無しという人、家族がとてもたくさんいて、具体的数値を挙げますと無保険者は4570万人で三人に一人の割合です。さらにこの内の79%は勤労者です。結局働いている人でも公的保険が無いと言うことです。だからこそ、アメリカのように、民間保険会社に国民健康保険は任せればよい。保険料を次第に高くしていくことによってそれを実現していくこと。ではさて、このようにしていけと言うこの条文は日米安保条約のどの条なのでしょうか。第二条、経済条項で(1)自由主義経済体制を強化する。(2)国際経済政策におけるくい違いうを除くことに努める。 これです。念の為に原文を記します。「締約国は、その自由な諸制度を強化することにより、これらの制度の基礎をなす原則の理解を促進することにより、並びに安定及び福祉の条件を助長することによった、平和的かつ友好的な国際関係の一層の発展に貢献する。締約国は、その国際経済政策におけるくい違いを除くことに努め、また、両国の間の経済協力を促進する」。この条約の改定する前の元は、終戦直後の日本がアメリカと結んだ条約です。したがって「平和的」も、「友好的」も敗戦国に向けた戦勝国の言葉なのです不平等なのです。60年には少なくとも平等な国際的「国家間条約」の体裁をとり、旧ソ連をはじめとした国々への対策が必要に成ったのです。
 農業の問題はどうでしょう。実はアメリカでは農業生産者に対する農産物価格保障は100%行われています。
ですから市場価格と生産価格の差は政府が保証して補填しているのです。日本では在りますか?在りません!何故かが問題なのです。アメリカの農産物を日本が輸入するように仕向けているからです。これも、先程記した「経済政策におけるくい違いを除くことに努め」からくるのです。
 シャッター通り問題はどうでなんでしょうか。これはアメリカの要求によって大型店舗規制を無くしたことによります。かつて日本には個人商店があちこちに在って、近所のお年よりも買い物が出き、或いは家まで少しの商品でも持ってきてくれたりしたのです。そこに会話が生まれ地域の調和も生まれていたのです。ここでついでに書きますが郵政民営かもアメリカの要求でした。別にあの小泉氏の発想でも思いつきでも在りません、明確なアメリカの要求に従っただけです。これも、日米安保条約第二条の結果です。

 簡単に例をだした経済的問題のこれだけのことに、日米安保条約が大きく関わっている事実に驚きませんでしたか。
安保は日本を守ってくれていると信じていませんでしたか。日本の農業も、小さなあの懐かしい個人商店も駄目にしたのは日米安保条約なのです。日本の農業も商店も守らない安保。一体何を守ってくれているのでしょう・・・

  
 
 
 
 
 
 

|

« 郵政民営化の「呪文」にただ乗せられ衆議院絶対多数を自民党に与えた国民。今度は気が付くでしょうか「二大政党」自・民の違いの無さに・・・ | トップページ | 何故今、私は日米安保条約をことさら取り上げるのか。それは国民に実態が隠されていて、国民の多くが関心を持たず、気にかけていないからです。日本の根本的病巣なのに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 郵政民営化の「呪文」にただ乗せられ衆議院絶対多数を自民党に与えた国民。今度は気が付くでしょうか「二大政党」自・民の違いの無さに・・・ | トップページ | 何故今、私は日米安保条約をことさら取り上げるのか。それは国民に実態が隠されていて、国民の多くが関心を持たず、気にかけていないからです。日本の根本的病巣なのに・・・ »