« 「景況感・過去最悪」悪化幅も最大の日銀短観。朝日新聞の解説を読んで想うこと、自公政府の無能力。 | トップページ | アフガン自爆テロ実行者の6割が身体障害者であることをご存知ですか? »

2009年4月 4日 (土)

「国民」政党の顔も捨てた自民党の党員数の激減に見る、この党の終焉。

 自民党といえば昔から多くの「むずかしいこと判らない」と言っているおじちゃん、おばちゃん達からも選挙では支持されてきた、在る意味国民政党でした。その頃から存在している政党は現在は日本共産党だけです。
 大体から政党は自民党以外には日本社会党、チョッと経って社会党から分かれた民社党、もうチョッと経って公明政治連盟、これは政党なのか判りませんがそれに日本共産党、そんなものでした。日本共産党以外みんな消滅しました。日本社会党は社民党に、民社党は民主党に、公明政治連盟は公明党に。
 その頃の全国国政選挙では、日本共産党の得票数は、殆どの選挙区で桁、自民党や社会党が万の位の票数を獲得していると日本共産党は千とか百の位の得票が殆どでした。特に農村部では顕著でした。でも、その頃から見ると段々でしたが得票を伸ばし殆どの選挙区で、同単位の得票を現在は得ています。
 昔から在った二つの政党、自民党と日本共産党の得票数を比べると、現在自民党は明らかに得票数を大幅に減らし、日本共産党は得票数を大幅に伸ばしています。でも日本共産党は何故議席が伸びていないのでしょう。
 これは選挙制度に問題が在るのです。支持して投票する人が増えても議席を伸ばさないようにする選挙制度、小選挙区制度を国会での多数を利用して取り入れたからです。結局この小選挙区制度は結果として民意を全然反映しない制度である事が、この事実からもハッキリします。
 国会議員は知事では在りません。国民の多様な意見を持つ代表によって国会が運営されなければ、国民の様々な意見が無視されてしまうのです。一つの選挙区からたった一人だけが当選する小選挙区制度では、まるで知事を、市長を選ぶようにたった一人の意見を持つ人間を、その地域の代表として選ばせるのです。それで国会議員の構成を作り出そうとするのです。当然知事や市長なら二人も三人もいてはおかしいです。でも、議員は様々な意見を持つ人々が選ばれなければ、逆に言うと、一番多くの意見を代表した人だけが選ばれて、多くの民意が、二番目、三番目の支持しか得られなかったからと言って切り捨てられてしまうのです。例えば「私は身体に障害を持った人たちも暮らし易い社会を作る為に頑張りたい」と言う候補者がいたとします。でも、この人が一番多い得票を得なければ、この候補者は当選しないのです。他に「皆さんの生活を必ず安心・安全にします」と云う候補者がいれば、当然先の候補者は一番には成れません。何故なら、世の中の多くの人は、身体に障害を持っていないからです。同時に想像力も足りないからです・・・これが国会議員を決める選挙制度で良いと私は全然思いません!
 この小選挙区制度が導入される時に、多くのマスメディアも評論家も政党も、お金がかからない制度であると云って褒めそやしました。ですが現実は語ります。各政党の政治資金収支報告の結果、以前の中選挙区制度(一選挙区がある程度の大きさを持ち、複数の人が当選する)よりもお金がかかる制度である事がハッキリしました。お金がかからないは全くの作り話、嘘だったのです。ですから、日本共産党を除く各政党は企業からの政治資金集めに必死では在りませんか。
 民主党なんていう色々な意味で今をときめく政党は、自民党離脱者・旧社会党員・旧民社党員を寄せ集めたご飯がやわらかい五目のような、決して美味しくもない五目御飯政党ですが、国会議員も無駄な歳出削減に「自ら身を削ろう」何て云い国会議員定数削減を主張しています。昔からの何も「難しい事判らない」人々をターゲットにしようとして昔ながらの自民党的発想で議員定数削減を云っていますが、大体から本来国会議員は無駄な存在なのかを伺いたいと思います。確かに日本では自民党・民主党・公明党の議員には無駄人が多いと思いますが、民主主義社会を作っていく為には、一定の人数の国民に対して国会議員はどの位必要なのでしょう。民主主義先進国ヨーロッパ諸国に比べて日本は無駄に国会議員がいるのでしょうか。その答え、全然日本は少ないのです。
 更に、民主党が主張している削減の対象が大問題です。先程から記しているように全然民意を反映しない小選挙区制度だけにしようと主張しているのです。小選挙区選挙制度導入の際に取り入れられた比例代表選挙制度(政党が得票した票数に比例して議席数を決める)のを無くしてしまおうと云うのです。これってファッショです。
 さて、ここで自民党員の減少のことを記します。最多の年は1991年で五百四十七万人でした。さて07年は百十万人。最盛期の2割です。ここに、私が最初に記したことが在るのです。
 自民党が国民政党の顔を作っていられた頃は、いくらひどい事を政策としても「今度チャンとするからな」で誤魔かせたのです。今現在、国民が本当に生活と健康の不安を持ち苦しんでいる時に、消費税の増税を打ち出すことは何を意味しているとお考えですか。内閣支持率も下がり続け後が無い状態でも、この増税を云わなければ成らないのは何故でしょう?麻生首相が単なるお馬鹿なのでしょうか。 昨年の自民党総裁選挙の馬鹿騒ぎを思い起こして下さい。立候補したのは麻生・石破・石原・小池・与謝野氏です。皆小泉政権以来の閣僚経験者です。こんなメンバーの立候補自民党総裁選を馬鹿騒ぎして報道したのが公共放送NHKをはじめ日本のマスメディアです。
彼らは皆、財界から献金を貰いたい人々です。現実に財界からお金を貰ってきた人々です。
 今の日本の財界はモラルが何も在りません。ちょっと儲けが減りそうだと想った瞬間に、最初にする事は非正規雇用労働者の不法な首切りです。その後に浮かぶのは正社員のリストラと賃下げ。全然思いも及ばないのは株主配当の値上げ・これだけは本能のように守る。
 こんな財界からお金を貰い政党活動を続けるのです。一体どんな政策が誕生するのでしょう。
自民党は、かつての雇用主、おじちゃん、おばちゃんたち農家から離れました。個人農業を潰すアメリカの指示の下に従ったのです。日本の農業をアメリカの大規模農業資本に渡す為です。日本のおじちゃん、おばちゃんも気づきます。自民党の終焉・瓦解が始まりました。

|

« 「景況感・過去最悪」悪化幅も最大の日銀短観。朝日新聞の解説を読んで想うこと、自公政府の無能力。 | トップページ | アフガン自爆テロ実行者の6割が身体障害者であることをご存知ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「景況感・過去最悪」悪化幅も最大の日銀短観。朝日新聞の解説を読んで想うこと、自公政府の無能力。 | トップページ | アフガン自爆テロ実行者の6割が身体障害者であることをご存知ですか? »