« 地球温暖化とマルクス・エンゲルスの思想「自然の復讐」が現代に与える警告とソニーの元会長・盛田昭夫氏の発言。 | トップページ | 脳死を「人の死だ」と決めた瞬間国会で笑っていた奴等は本当に人間か? »

2009年6月20日 (土)

年金財源を手玉に取るな、自公、民主は余りにも国民を馬鹿にしている。

 国民の支持全然現在は無い麻生自公政府になる前から、日本経団連は一貫して「年金は100%税金で」と主張していました。政府への国民の支持率いかんに関わらず、日本経団連の主張はとてつもなく一本の「筋が通った」主張の貫きが在ります。誰が政府を構成しようが主張は曲げない。

 この姿勢が当然の帰結として結果を出しました。「国民年金法改定」が国会で成立したのです。
衆議院再議決を利用しての成立に賛成したのは自民党と公明党です。
 この法案は、基礎年金の国庫負担を現在の三分の一から二分の一に引き上げる内容ですから国民の味方を主張する日本共産党は賛成しそうに見えますが、日本共産党は反対しました。「何て汚い政党なんだ!」と思われるのはちょっと早計だと私は言いたいのです。
 かつて基礎年金国庫負担を三分の一から二分の一に引き上げる、これも実際は二分の一からその前に三分の一に引き下げられて来たからなのですが、二分の一に引き上げるという理由でわたし達はすでに定率減税を廃止されて来たのです。この時も政権を手に掴んでいたのは自民党でしょ。でも、実際はその増税分の17%しか年金基礎財源に回されなかったのです。後の83%の税収は国民への約束と違うところにいって、雲散霧消してしまったのです。嘘の理由付けで増税したその責任はどうなっているのでしょう。
 
 その責任を無視して今度の衆議院再議決です。国民に対して同じ理由で、今度は消費税がその財源に選ばれたのです。

 私は年金は誰かから決して施して貰うのでは無い!私達が少ないお金の中から積み立てたお金を生涯にわたって分けて受け取るのです。受け取る年齢になっても払い続ける消費税を財源に等、ごまかしでしょ。それじゃ、社会福祉でも何でもないでしょ。

 こんな馬鹿げたことを主張するのは国民の福祉なんて馬鹿馬鹿しいと思う一番の無駄遣いと云う都知事・石原と同じ穴のむじなです。基礎年金に当たる部分を企業は現在負担しています。それが全額、100%税金でと成れば負担が一円も要らなくなる企業は大喜びでしょう。それも大企業は腹を痛めてまで一円も払う事のない、みな税額分を差っぴいた金額を下請け企業に推し付け、下下中小企業にさらに推し付け、零細企業にまで押し付けきれば大企業、例えばトヨタはいくら儲けても一円の消費税も実質的に払わないですむのです。最終的には購入者がトヨタの分も払うのです。
 この国民にとって馬鹿げた方針を民主党は今度の衆議院選挙の公約に決めました。

 ここから先は、わたし達が試されています。それでも民主党政権になれば何か変わりそうだと思うのも自由ですから。
 

|

« 地球温暖化とマルクス・エンゲルスの思想「自然の復讐」が現代に与える警告とソニーの元会長・盛田昭夫氏の発言。 | トップページ | 脳死を「人の死だ」と決めた瞬間国会で笑っていた奴等は本当に人間か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地球温暖化とマルクス・エンゲルスの思想「自然の復讐」が現代に与える警告とソニーの元会長・盛田昭夫氏の発言。 | トップページ | 脳死を「人の死だ」と決めた瞬間国会で笑っていた奴等は本当に人間か? »