« 車の温室ガス基準を設ける条文がスパッと削除された自民党の「低炭素基本法」原案。自動車工業会が「礼状」を出していました。 | トップページ | 国民無視の悪政のし放題を許したのは私達の選択眼の過ちで、それを逆に利用する国会議員削減論を受け入れたら二度も大きな、それも未来に禍根を残す過ちを犯すことに成ります。 »

2009年6月17日 (水)

足利「四歳女児殺害」事件。冤罪だった菅家さんが許せても、私には許せない警察・検察の行為。

 菅家さんが栃木県現・石川正一郎警察本部長の謝罪を「会うまでは本部長は怖い人だと思ったが、実際に会ったらやさしい人で、この人なら許せると思った」とご発言していることを今日の朝日新聞夕刊の記事で知りました。
 実際に犯罪を犯していないのに人生の一番あぶらものる時期、十七年半にわたり拘束されそれも人間が最もしてはいけない殺人者の罪を着せられたのです。ご関係のご家族をはじめ周りの人々さえ甚大な被害をこうむったことは想像に難くないです。
 私は菅家さんが当時の警察官、検察官を「私の前で申し訳なかったと言ってくれれば許そうと思う」と仰っても、私は許せない。私は事件の当事者では在りませんが冤罪をつくらないと言う意味で私も発言すことが出来ると思うのです。冤罪は他人事では無く私を含めた国民みんなが巻き込まれる可能性を持った事であり、明日、菅家さんが今まで置かれていた状況に私達も成るかもしれない深刻な問題なのです。
 この足利事件以来、冤罪は無かった等と一体誰が断言で来ましょう。この足利事件以前に冤罪は無かったと一体誰が断言できるのでしょう。もし断言する人がいたなら、その人はいい加減な犯罪的詐欺師だと私は断言します。
 およそ人間が捜査し裁くことですから、その中に間違いが全然無い事は当然在り得ません。しかし、今も続いている警察の非人間的取調べと捜査、検察での警察調書偏重と自白重視がある限り冤罪は無くなるはずもないし増えて当たり前です。
 いくら栃木県警の本部長・石川正一郎氏が「優しい人」でも、それと無関係に冤罪が起こる体制が今の警察と検察の体制の中に確固とした存在として現実に実在しているのです。
 それは国民の「微々たる幸せ」を守る為の体制としての警察・検察が在る訳ではないからです。勿論、一人一人の警察官・検察官の人柄とも無関係です。同時にそれぞれ個人の気持ちとも無関係です。

 この主張には多くの皆さんが疑問をお持ちになるでしょうが事実なのです。
 警察予算の一番大きな部分は公安警察予算です。公安警察は一体何をする部門かご説明致します。
 公安警察は現在の社会体制維持のための部門と言えば判り易いと思います。もっと端的に言えば日本共産党対策部門と言えます。これは東京の警視庁だけでなく全国の警察に張り巡らされた部門です。そして国民に秘密の部門です。試しに、皆さんがお住まいの各県警察本部に電話をして「ちょっと公安に廻して下さい」と言うと、ここはチョッと普通ではない部署である事がお判り頂けます。私は警視庁で試しました。交通課、生活課(この部署の正確な名前は知りません)、でも直ぐ電話を繋いでくれますが、「公安に繋いで下さい」と言いますと、ただでは絶対繋ぎません。ほとんど無理でしょう。たとえ繋がっても「あなたは誰だ?」の質問攻めです。そしてその頃には電話番号も調べ上げられているでしょう。これが予算をいっぱい確保する公安警察です。これと同じように検察庁も、地方を含め、同様の対応をしています。
  
 菅家さんの釈放は素晴らしいニュースですが、警察の謝罪これは当然の事で改めて感動する出来事では在りません。この「感動的」ニュースが独り歩きしてはいけないと思うのです。未だに自公政府、警察、検察は取り調べの全面的開示に反対しているからです。
 
 

|

« 車の温室ガス基準を設ける条文がスパッと削除された自民党の「低炭素基本法」原案。自動車工業会が「礼状」を出していました。 | トップページ | 国民無視の悪政のし放題を許したのは私達の選択眼の過ちで、それを逆に利用する国会議員削減論を受け入れたら二度も大きな、それも未来に禍根を残す過ちを犯すことに成ります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車の温室ガス基準を設ける条文がスパッと削除された自民党の「低炭素基本法」原案。自動車工業会が「礼状」を出していました。 | トップページ | 国民無視の悪政のし放題を許したのは私達の選択眼の過ちで、それを逆に利用する国会議員削減論を受け入れたら二度も大きな、それも未来に禍根を残す過ちを犯すことに成ります。 »