« わたしの作曲意欲を掻き立てた藤沢周平氏の作品「明け烏」という短編作品。 | トップページ | トヨタのプリウス、目標の18倍の売れ行き・ホクホク。その下請け中小企業は25%の単価値引下げをトヨタから受けています。私は許せない。 »

2009年6月27日 (土)

これこそが政党の本来の姿ではないでしょうか、日本共産党が総選挙勝利の為に募金を国民にお願いしています。

 選挙権を持たない赤ちゃんから寝たきりに成ってしまったお年寄りまで、差別無く国民全員から一人頭250円徴集して政党に分け与える政党助成金制度。今から14年前に作られた法律によって実施されてきましたが、憲法第19条「思想信条の自由」に違反する制度だと主張して一切の受け取りを拒否している政党は日本共産党だけです。
 国民の社会福祉費自然増分2200億円を毎年削り続け、お歳寄りを75歳から区別してこれまでの保険制度から隔離する差別的「後期高齢者医療保険制度」をつくり、本来国が責任を持たなければ成らない分野からは全て撤退し国の責任を投げ捨て「官から民へ」の偽りの合言葉で国民を騙してきた自民党・公明党、それと対決するどころかスピードを競い合う民主党、これらの政党が国民の為に税金を使う事には一貫して無関心なのに、ただただ政党の運営費・活動費・宣伝費等には税金を使ってきたのです。
 今やモラル何て言葉さえ知らない顔をし、倒産の危機でも無く、儲けが少し減るだけなのに一生懸命働いてきた労働者を寒空に放り出し住居さえ奪って憚らない、こんな非道な首切りに走る日本の大企業から政治活動資金を貰いながらさらに国民の税金で政党を維持しようなんて図々しいにも程が在るでしょうに。
 民主党はこの「助成金」が無ければ政党としての活動は勿論、事務所の維持さえ出来ない政党です。事務員の給料さえ払えない政党です。完全な国営政党です。こんな政党が大政党なのでしょうか?
 自民党はこの「助成金」を使ってテレビ広告も出します。新聞全面広告も出しています。

 わたしは自民党は勿論、民主党も公明党も社民党も支持していません。
政党支持は自由でしょうに・・・でもわたしが税金を納め出してから、それが1995年からなのですが不当に税金が使われてきたのです。支持してなんていない自民党に国民の税金が現在資料を示せる07年度までに1962億円、民主党に935億円、公明党に287億円、社民党に297億円、その他の離合集散した政党に571億円も支出されているのです。合わせると4080億円に成ります。人を馬鹿にするのもいい加減にしろと、あなたは思わないのですか?

 日本共産党は今真剣に選挙募金を国民にお願いしています。
 共産主義に成るとみんな国営化され、私有財産も認められなく成り服装も自分の気持ちを大事にした服は着られなくなる。自動車も自由に選べなくなり、スポーツカーなんて乗ろうとしたら国家犯罪になる。ここには大した考えも無く簡単に私が思いついたことを列挙しましたが、じゃあ、現在はそれらが自由に手に入るのか?
 自分が着たいと想う服が容易に手に入りますか?高くて変えない場合が多くないでしょうか。
 自動車に到っては、買えない車の方が多いでしょう?
 先程から記しているように、政党の「国営化」を受け入れないのは日本共産党だけす。何でも国営化なんか主張していません。日本共産党にかなりの誤解をお持ちではないですか?

 日本共産党は働く人間による生産手段(工場、機械設備等)の社会的管理を主張しているのです。社会は国家では在りません。

|

« わたしの作曲意欲を掻き立てた藤沢周平氏の作品「明け烏」という短編作品。 | トップページ | トヨタのプリウス、目標の18倍の売れ行き・ホクホク。その下請け中小企業は25%の単価値引下げをトヨタから受けています。私は許せない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わたしの作曲意欲を掻き立てた藤沢周平氏の作品「明け烏」という短編作品。 | トップページ | トヨタのプリウス、目標の18倍の売れ行き・ホクホク。その下請け中小企業は25%の単価値引下げをトヨタから受けています。私は許せない。 »