« 大企業の利益も超越した、人間の存在さえも危うくさせる段階に在る地球温暖化の現実を直視できない日本の財界は世界の人類に対する犯罪的主張を直ちに改めるべきです。 | トップページ | 大企業正社員までがマイホームを手放す現実と、多くの母子家庭が悲痛な叫びを上げている現実の根っこは同じです。ルールある経済社会の実現と、アメリカべったり政治の転換が必要です。 »

2009年6月23日 (火)

足利事件再審決定を心から支持すると同時に、日本人の「火のないところに煙は立たない」式思考回路が今尚多くの国民の中に存在することに危うさを感じます。そのいい加減さが日本国民の政治意識に大きく作用していると思います。

 菅家利和さんの再審が東京高裁で決定されました。
 00年の段階で既に事件当時のDNA官邸が不正確であり間違っているという主張を弁護団はし再審請求をしていましたが最高裁はそれを棄却しました。その時の最高裁の主張「その後の科学技術の発展により新たに解明された事項などを加味して慎重に検討されるべきだが、これ(当時の鑑定)を証拠として用いる事が許される」と菅家さんの無期懲役が確定判決と成ったのです。
 それが覆されようとしているのです。わたしは菅家さんが死刑判決を受けていなくて本当に良かったと思います。もしかしたら、嫌、多分死刑が執行されていた可能性大です。取り返しのつかない結果を招いていたでしょう。

 そこでわたしが問題を感じるのは、17年間にも亘る刑務所暮らしを強制されてきた菅家さんに対して「本当に無罪なのかしら?昔から『火のないところに煙は立たない』って云うじゃないですか。だって自白もしているんでしょ?」。わたしの知り合いの言葉です。
 わたしは「科学捜査にDNA鑑定が取り入れられた直後のまだ未完成な時の鑑定であり、その後の科学の発展でより正確な鑑定が出来るように成って、証拠とされたDNA鑑定の間違いが判ったのですよ。それは当然無罪でしょう?」と言いました。でも次にでてくる言葉は「そんなら、今までに捕まった人もみんな無罪にするべきでしょ?判らないのだから」・・・
 わたしは「解らないのはあなただ!」と言いたく成りました。「あなたが云っている事は、現実に無罪だった菅家さんが釈放された事にまず疑問を抱き、変だと思ったのでしょう?火のないところに煙は立たない、筈だから・・
 それが科学の発展によってより正確な判断が出来るように成ってきた、そこでこの菅家さん有罪の証拠とされた当時のDNA鑑定が不正確で犯罪の証拠に成らない事がこの度明らかになり、同時に警察・検察の取調べがいかに強圧的で強引な取調べであったのかをあからさまにしたのです。今までのひと全員無罪にしろはとてつもなく無関係な事でしょ」と言っても理解できないのです。この自分の「疑問の輪」から絶対抜け出ないのです。

 このちゃんと論理立てて考えることの出来ない、理屈を抜きにした発想法を日本の多くの国民は「体得」させられているのです。直ぐ口をついて出る言葉「難しいことは解んないけどさ・・・」に体現されています。論理だって思考出来ないから直ぐ「難しい事」という言葉に逃げるのです。それが逃避だとも自覚せずに・・・・

 わたしはこの、論議に慣れない逃避に満ちた河原文化、憂さを晴らす文化、同時にうわさの文化とでも言いましょうか、その国民性をとても上手く利用している明治以来の天皇制政府と、戦後のアメリカの占領政策を含め追従する日本の財界と「主だった」政治家の手腕には「敬意」を表しています。でも、わたしは河原者(河原で文化を作ってきた日本文化の創造者たち)文化の発展を目指す継承者として、これからの日本に根ずく発想と思考を巡らします。
 
 世界は大きく変化し国際的(グローバル)な時代です。盛んに政治家も財界も、物知り顔の「評論家」も皆云いますでしょ、グローバルな社会だと・・・でも本当にはグローバルな世界的見地に立った政策を打ち出せないのが日本の政治の現実です。何でもアメリカが決めた事に従い、アメリカが政策転換しても、例えばイラク戦争の誤りをアメリカ政府が認めても日本の政府、「主だった」政治家は誤りを絶対認めない。これが素人相手のことなら問題にもしませんが、一応「政治家」でしょ?それで大金稼いでいる与党の「政治家」、野党の民主党の「政治家」も含め
いい加減は止めてくれとわたしは主張します。政治家のいい加減さ主張の安っぽさは国民に伝播するのです。まあ、それが狙いかも知れないが・・・

|

« 大企業の利益も超越した、人間の存在さえも危うくさせる段階に在る地球温暖化の現実を直視できない日本の財界は世界の人類に対する犯罪的主張を直ちに改めるべきです。 | トップページ | 大企業正社員までがマイホームを手放す現実と、多くの母子家庭が悲痛な叫びを上げている現実の根っこは同じです。ルールある経済社会の実現と、アメリカべったり政治の転換が必要です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大企業の利益も超越した、人間の存在さえも危うくさせる段階に在る地球温暖化の現実を直視できない日本の財界は世界の人類に対する犯罪的主張を直ちに改めるべきです。 | トップページ | 大企業正社員までがマイホームを手放す現実と、多くの母子家庭が悲痛な叫びを上げている現実の根っこは同じです。ルールある経済社会の実現と、アメリカべったり政治の転換が必要です。 »