« 「二大政党」選択論の中、日本共産党だけ埋没せず、07年参院比例票得票を15万票上回った事実、ここに大いに確信を持ちました。 | トップページ | 殺人罪時効廃止方針(法務省勉強会)に反対します。絶対許してはいけません。 »

2009年7月15日 (水)

イラク戦争を未だに正当化する「宗教政党」公明党は、イラクでの小児癌多発に何と答えるのか。多くの創価学会員はハッキリ言って何の情報も受けていず判断出来ないしオウム真理教と同じようにマインドコントロールされているのです。信者も私の指摘に「そうかも知れない」と発言しています。

 イラクで小児癌が多発し、アフガン戦争・イラク戦争以前の7倍にも達しています。
 これ自然では在りません。戦争でアメリカの使用した核兵器の一部・劣化ウラン弾の放射能の影響で在る可能性が大きい事を世界の科学者、医学者から大きな問題になっています。

 日本がアメリカの始めたイラク戦争に参戦するきっかけは公明党の冬芝氏の役割が大きかったのを皆さんご存知ですか。
 
 日本がイラク戦争に参戦するかどうか、戦闘地域ではないかが国会で問題に成っていた時、イラクのサマワに自ら行き、飛行場でヘルメットをかぶったままたった20十分の「視察」をし「サマワは戦闘地域ではない」宣言をし自衛隊の派遣を決定付けたのです。

 アメリカ政府自体がイラク戦争の間違いを認めても、決して自公政府は誤りを認めません。

 それで本当に良いのでしょうか・・・

|

« 「二大政党」選択論の中、日本共産党だけ埋没せず、07年参院比例票得票を15万票上回った事実、ここに大いに確信を持ちました。 | トップページ | 殺人罪時効廃止方針(法務省勉強会)に反対します。絶対許してはいけません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「二大政党」選択論の中、日本共産党だけ埋没せず、07年参院比例票得票を15万票上回った事実、ここに大いに確信を持ちました。 | トップページ | 殺人罪時効廃止方針(法務省勉強会)に反対します。絶対許してはいけません。 »