« 今現在私が想っていることと現在している私の行為・・・私の母(妻の母親)の危篤に直面して。 | トップページ | 09年度経済白書は現実を分析せず、従って解決策を提示出来ない、これは何の為に出されたのか? »

2009年7月24日 (金)

母の葬儀に届いた自民党衆議院議員・尾身幸二の「弔」電。何も関係が無かったこの人、母の死を選挙に利用しようとしているのです。許せませんね!

 人が多く集まるだろうと考えた群馬県選出の代議士・尾身幸二は母の葬儀に「弔電」を送ってきました。
 私は尾身幸二後援会事務所に電話して問い合わせました。
  
 「何故弔電を下さったのですか?何も今まで関係が無いのですが・・・」
 事務員「地域の方に頼まれたのかも知れません・・・・・・・・」

 この尾身幸二は大臣までした人間ですが、この人の張り巡らされたポスターには「地元群馬の発展を実現する」と書かれています。
 とぼけちゃいけない!この人20年も代議士していたんす。野党の人じゃ無かった。おまけに大臣までしていた彼が他人事みたいに「群馬の発展を実現する」なんて云っちゃ本当の詐欺師です。今まで何していたのかです。

 群馬県前橋は全国1の空家率都市です。 
 前橋は群馬県の県庁所在地ですが駅前は昔から在ったお店がみな無くなり代わりに出来たのは当面一番お金の掛からないコインパーキングが駅前信号を渡った角地に在ります。

 いよいよ国民から見放された自民党断末魔の最後の叫びでしょう。

 私は母の葬儀の打ち合わせからしていましたので「この人の弔電は紹介必要なし」としました。でも「弔電」の費用もわたし達の税金「政党助成金」から出ているのですよね・・・

|

« 今現在私が想っていることと現在している私の行為・・・私の母(妻の母親)の危篤に直面して。 | トップページ | 09年度経済白書は現実を分析せず、従って解決策を提示出来ない、これは何の為に出されたのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今現在私が想っていることと現在している私の行為・・・私の母(妻の母親)の危篤に直面して。 | トップページ | 09年度経済白書は現実を分析せず、従って解決策を提示出来ない、これは何の為に出されたのか? »