« 都議選告示に想う。報道機関は「二大政党」に偏るな!その結果は選挙離れを生み出し日本の議会制民主主義を危うくするだけです。 | トップページ | また高校生が友だちを殺しました。昨日は肩が触れた触れないで大人が駅のホームで二人亡くなりました。こんな事件の多発変ですよね?世の中の狂いは政治の狂いだと何故お考えに成らないのですか?このままで良いとお思いですか?難しいですか?どこが難しいのですか? »

2009年7月 3日 (金)

都議選告示に想う2。何故民主党の議会制民主主義を台無しにする国会議員定数比例削減の恐ろしさを報道しないのか。

 民主党は国民の多くの人たちが思うような生易しい政党では在りません。
 現民主党代表鳩山氏はご自分の著作で「現憲法を改定してまず天皇を元首とする」と著しています。
この主張はあの「日本は神の国」発言をした森元首相が云った「天皇元首」説と全く同じです。
 あの時は、何を今更馬鹿げたこと云ってんのと一蹴した同じ国民が、正確に言えばあの時は報道機関も国民の意識と同じ主張をしていましたが、今度は民主党が国民に黙りながら、あまり顕わにせずに実は代表までもが主張しているのです。

 多くの真実を報道機関は国民に何も喋らず、鳩山氏の予てからの主張の議会制民主主義に反する主張の多くを国民は知らされていません。ただ本当に思い切って苦しめらこんな政治はもう嫌だと言う国民の真実の声を、国民感情を上手く利用して、実は自民党政治と同じ路線を、いかにも何か良いこと在るような対立する路線が提示されているように幻想を振りまいてきたのが日本のマスメディアといわれる大報道機関であり自民・民主の「対決」という国民を本当に騙す大仕掛けな舞台を設定したのも日本のマスメディアです。

 実は彼等は本心としては困っているのではないかなと私は思うのです。
 偽りの「対決」構図が維持できなく成ってきた事です。
 余りにも自民党と民主党の違いが無く国民を騙せるような記事を書く事ができず、ですから、今日の朝日新聞の夕刊の記事のように、都議会選挙の争点さえきちんと示せなくなったのです。どこを探し回っても出てこない「対決」しか報道しない、これはまさに報道とは言えません。

 彼等報道機関は戦後いつからか再び政治権力におもねる様に成りました。いつ政権交代が在っても不思議ではない現在、政権党に成る民主党の可能性と自民党が政権を固守する可能性と、両天秤にかけながら、それでも何かいかにも歴史に対して前向きな雰囲気を維持しようとしているのかが、私には哀れな、同時に国民に対する背信であることを告発します。

|

« 都議選告示に想う。報道機関は「二大政党」に偏るな!その結果は選挙離れを生み出し日本の議会制民主主義を危うくするだけです。 | トップページ | また高校生が友だちを殺しました。昨日は肩が触れた触れないで大人が駅のホームで二人亡くなりました。こんな事件の多発変ですよね?世の中の狂いは政治の狂いだと何故お考えに成らないのですか?このままで良いとお思いですか?難しいですか?どこが難しいのですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都議選告示に想う。報道機関は「二大政党」に偏るな!その結果は選挙離れを生み出し日本の議会制民主主義を危うくするだけです。 | トップページ | また高校生が友だちを殺しました。昨日は肩が触れた触れないで大人が駅のホームで二人亡くなりました。こんな事件の多発変ですよね?世の中の狂いは政治の狂いだと何故お考えに成らないのですか?このままで良いとお思いですか?難しいですか?どこが難しいのですか? »