« 伝統文化を教育に取り入れるような顔が軍国主義のオブラートだった事が明らかに成って来ました。横浜市で扶桑社版教科書の採択が狙われています。 | トップページ | 政治の重要性は判っていますが,いまは父の健康と一時の幸せを願って・・・ブログの記事立ち上げを中断するかも知れません・・・ »

2009年7月26日 (日)

私は民主党政権が誕生しても国民の幸せは実現できないことを今まで主張してきました。自公・民に基本的に差は無いと・・・何故なら国民を痛めつけている根本的原因を自公・民ともに曖昧にし絶対そこには触れないからです。世論の大きなうねりのような流れに私は真正面から日本共産党員として対峙(向き合って立つこと『広辞苑より』」)したい。

 私のブログをご覧に成って下さっていた方は私が自公と民主党に本質的に区別する差は何も無いと主張していたのをご存知だと思います。

 民主党結成時の鳩山由紀夫氏の「このままだと自民党に愛想を付かした票が共産党に行ってしまう。それを防ぐ為に民主党を結成した」との発言を散々伝えてきました。したがって民主党は日本共産党への支持を阻止する為に結成された集団だとも記しました。

 それは自公と同じように「日米同盟絶対大事」「大企業大事」で、日本国民が苦難している最大の原因に一切触れず通り過ぎながらただ「政権交代」だけをまるで題目のように唱えている。

 これに対して日本共産党は「政権交代」だけでは意味が無い、政治の中身の変革が大事だ、その為には外交政策ではアメリカいいなり・内政では大企業べったり、この政治の中身の転換が求められている、と言ってきました。私も最もだ、正しいと思います。

 これまでも日本共産党は「何でも反対!」というような行動は取りませんでした。
自公政権下でも正常な国会審議を求め民主党の審議拒否方針に対してきちんとものを言い、その間違いとそれが国民の為に成らないことを指摘してきました。それこそ野党本来の当たり前の姿・建設的野党だったと思います。自公政府提案案件でも賛成したこと在ります。どこか違いますか?
 問題によって是々非々で対応してきました。どこか違いますか?修正案も出してきました。
 私は今度の選挙での日本共産党の言う「建設的野党」「行動する是々非々」という言葉が何か今までの行動をあたかも否定するように聴こえてしまうのです、今まではそうでは無かった・・・と。
 今度の選挙で民主党政権の誕生がハッキリしても、私はこれまで通り民主党の結成当時からの日本共産党潰し本質を告発し、国会から日本共産党の議席を放逐する為の比例代表の大幅削減の非民主主義制とファッショ制を告発したいのです。

 民主党に国民の未来の安心と平和は任せられないとあくまでも主張したい・・・
 国民は幸せに成れないと主張したい・・・・
日本共産党の議席が伸びなければ駄目だと・・・・言いたい!

|

« 伝統文化を教育に取り入れるような顔が軍国主義のオブラートだった事が明らかに成って来ました。横浜市で扶桑社版教科書の採択が狙われています。 | トップページ | 政治の重要性は判っていますが,いまは父の健康と一時の幸せを願って・・・ブログの記事立ち上げを中断するかも知れません・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伝統文化を教育に取り入れるような顔が軍国主義のオブラートだった事が明らかに成って来ました。横浜市で扶桑社版教科書の採択が狙われています。 | トップページ | 政治の重要性は判っていますが,いまは父の健康と一時の幸せを願って・・・ブログの記事立ち上げを中断するかも知れません・・・ »