« 書き直しました。総選挙戦の中で生命線論が再び現在に蘇った。消費税は社会福祉財源の「しょうがないが必要論」として・・・本当か? | トップページ | 投票直前に言いたい、21世紀における国防の在りかたを理解しない古い「国防」を振りまく「小児」的馬鹿げた意見を告発する。 »

2009年8月24日 (月)

今週の総選挙で民主党が大勝し、日本共産党が議席を伸ばせなかった時・減らしたとき・・・

 自公政権の出来なかった国会議員選挙から比例代表の大幅削減が、徹底的ゼロにちかい削減が成されるでしょう。
 何故か?民主党鳩山代表自らが「政権を獲ったら必ずやる」と宣言しています。

 さらに決して見過ごせないのは鳩山代表が昨日(23日東京台東区)「民主党は自民党を批判する為に結党したわけではない。私は自民党初代総裁・鳩山一郎の孫ですから、自民党を批判する為に民主党をつくって今日までやってきた訳ではありません。野党が頼りなかったから、この国は自民党一党で暴走してしまったのです。自民党の暴走を止めるためには民主党が力をつけて二大政党政治を確立することが何より求められています」と演説したことです。

 鳩山氏の演説の趣旨は簡単明晰です。
 要するに今までの小泉改革以来の自公の暴走は野党がだらしなかったからだ。(原因は野党)
 この自公に最大の原因が在るのではない。(免罪)
 だから再び自民党を元どおりに元気にさせて自民と民主で政権を交代しあう。(二大政党)

 わたし達国民は鳩山氏の云うように野党がだらしなかったから困窮しているのでは在りません。
 野党がだらしないとか言う前に与党自民党・公明党が国民の生活を全然考えない政策を打ち出し実行してきたからです。政策を決めるには「財政制度諮問会議」「経済諮問会議」とかいう「会議」を政府が勝手に立ち上げ民間議員とか云う名で財界代表を参加させあたかもみんなの意見を集約したかのような顔して、国民代表・消費者代表は最初から呼ばない実に不公平な仕組みの中で政策を決めていく。
 
 ここに国民がこどもの時から夢さえ持てず、若者が働く希望も生きる希望も持てない、結婚する希望さえ持てない社会を、一生懸命働きつづけて維持できた筈の我が家を手放さ無ければならない働き尽くめの家族を産みだし、やっと歳をとったから少しは安心して暮らせるかと想っていたお年寄りに病気にも罹れないなという不安と現実をを「後期高齢者」医療保険証と共に届けた政治の大元が在ると私は言いたい。

 野党がしっかりしていなかったから、どうしてこんな悪政が続いたというのでしょう。
 原因はそんな政策を決めて実行に移した非人間的政党が現在の日本に在ったからです。
 それこそが真実の原因です。

 今度の総選挙で民主党が圧勝すると、本当に困るのは国民です。
 自民党では在りません。勿論公明党でも在りません。お互いに政権を交代し合おうと民主党は最初から主張しているのですから。チョッと待てばまた自公の政権が・・・またチョッと国民から不満の声が出てきたら充満する前に政権交代・・・ ・・・・ ・・・何故国民が困るか。自民党、民主党以外の政党が国会で多数の議席を持てなくなるからです。60パーセントの国民の支持で97パーセントの議席を盗み取れる小選挙区制を民主党は早速実現すると云っているのですから。必ず民主党は真っ先にしようとします。

 国民の願い、国民の多くの声は国会の議席に全然反映しなくなるのです。するとその声を国会に届ける議員がいなくなるのです。すると国民無視の国会が開かれ、国民無視の決議がなされ民主主義は大きな危機に見舞われます。
 

 

 

|

« 書き直しました。総選挙戦の中で生命線論が再び現在に蘇った。消費税は社会福祉財源の「しょうがないが必要論」として・・・本当か? | トップページ | 投票直前に言いたい、21世紀における国防の在りかたを理解しない古い「国防」を振りまく「小児」的馬鹿げた意見を告発する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書き直しました。総選挙戦の中で生命線論が再び現在に蘇った。消費税は社会福祉財源の「しょうがないが必要論」として・・・本当か? | トップページ | 投票直前に言いたい、21世紀における国防の在りかたを理解しない古い「国防」を振りまく「小児」的馬鹿げた意見を告発する。 »