« 民主党が政権を取った時「最初に衆議院比例定数議席削減法案を提出する」と宣言しました。ことの重大さを一人でも多くの方に解って欲しい! | トップページ | 書き直しました。総選挙戦の中で生命線論が再び現在に蘇った。消費税は社会福祉財源の「しょうがないが必要論」として・・・本当か? »

2009年8月 7日 (金)

自民党・公明党は世界的核兵器廃絶の主張に逆行して、内密にアメリカ政府に強い要望を出し「核の傘を維持して下さい」ですって。

 アメリカの国内では核戦略の維持論が、財界・軍需企業を中心に根強く存在するのですが、オバマ大統領の「世界から核兵器を廃絶しよう」というプラハ演説以来世界的に核廃絶の声は世界の主流に成っています。

 国連議長をはじめ、アメリカの歴代国務長官も含め世界の殆どの指導的人々が「世界からの核廃絶」を主張している現在において未だに「核の傘」論を云いアメリカにお願いしている政権が在るとすれば、それは世界の流れとも完全に逆行しています。

 アメリカは現在核戦略の基本文書である「核体制見直し」報告を年内に作成する作業を進めていますがその報告に大きな影響を及ぼす「アメリカ戦略体制に関する議会委員会」に世界で唯一の被爆国である日本の自公政府はお願いの文書を送りました。

 「ある特別に重要な同盟国が当委員会に内密に主張してきたのはアメリカの拡大抑止の信頼性が、広範な標的を危険にさらす特定の能力に依拠している事だ」としその特定能力に関して委員会は「核拡大抑止は攻撃型原子力潜水艦に搭載され2013年退役予定のトマホーク地上攻撃核ミサイルで、アジアでの拡大抑止はこのミサイル配備に大きく依拠している」と・・・

 昨日麻生首相は広島原爆記念式典で挨拶し「核削減に世界的リーダーシップをとる」と云いましたが、陰で「核の傘」をお願いしているようではもう、呆れます・・・

|

« 民主党が政権を取った時「最初に衆議院比例定数議席削減法案を提出する」と宣言しました。ことの重大さを一人でも多くの方に解って欲しい! | トップページ | 書き直しました。総選挙戦の中で生命線論が再び現在に蘇った。消費税は社会福祉財源の「しょうがないが必要論」として・・・本当か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党が政権を取った時「最初に衆議院比例定数議席削減法案を提出する」と宣言しました。ことの重大さを一人でも多くの方に解って欲しい! | トップページ | 書き直しました。総選挙戦の中で生命線論が再び現在に蘇った。消費税は社会福祉財源の「しょうがないが必要論」として・・・本当か? »