« 爺氏のコメントに答えて。総選挙の結果は決して「革命」などでは在りません。 | トップページ | 私は「新しい歴史のはじまり」とまでは思わない。 »

2009年9月18日 (金)

総選挙結果に「あまり嬉しくない」とブログの記事を上げた私の今も変わらない気持ち・・・

 民主党の圧勝は小選挙区制のお蔭です。
 
 もし全部比例代表制で国民の選択が議席に現われれば民主党は220議席くらい自民党は120議席、今回の民主党圧勝と騒がれる議席は生まれなかったのです。日本共産党も30議席くらい確保できたと思います。

 日本国民の35%ぐらいの人たちはいまだに自民党を支持しているのが総選挙の結果から見られる現実です。

 こんな状況で革命が起きてはいけないし、結果も革命では在りません。

 何しろ私は鳩山首相が民主党を結成した時の言葉が頭から離れないのです・・「自民党から離れた票が共産党に行かないように民主党を結成した」。

 今頃鳩山首相や小沢幹事長は「しめしめ思い通り」だとほくそえんでいるような気がして成らないのです。

 総選挙のチョッと前まで「自民党にまともになってもらい、民主党との二大政党体制を作り出したい」と云っていたのは民主党です。
 選挙制度で比例代表議席の議席削減を「国会議員も身を削る」という理由で云い出したのも民主党です。 
 挙句の果てには「衆議院は政権選択の議院だから全部小選挙区が最もふさわしい」とまで云っていた政党です。このどこに民主主義としての発想が在るのでしょう。
 政権交代さえあれば、国民の民意が反映されていなくても素晴らしいのだ・・それって反民主主義です。

 ついこの間までそんな事をあからさまに表明していた民主党が小選挙区選挙制度の下で「圧勝」したからといって私は大して嬉しくない、絶対!

 国民の意思を正確に議席に反映する全国一区比例代表制選挙でも政権交代は起きたのです。
 その時こそ私は心から喜びたい。

 国会議席は国民の意思を正確に反映する議席が実現しなければ国民の本当の幸せを生み出さないと想うのです・・・

|

« 爺氏のコメントに答えて。総選挙の結果は決して「革命」などでは在りません。 | トップページ | 私は「新しい歴史のはじまり」とまでは思わない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 爺氏のコメントに答えて。総選挙の結果は決して「革命」などでは在りません。 | トップページ | 私は「新しい歴史のはじまり」とまでは思わない。 »