« 都知事発言が、オリンピック招致委員会から批判されました。石原氏だけでなく選んだ都民が批判されたと思わなくては・・・常識外の知事を選んだ都民。日本人の政治的未熟さと精神的野蛮さ・・ | トップページ | 路上生活一週間目・30歳男性の言葉「こんな人生、もう終わらせてもいいかなと思ってしまう」。どんなに言い訳を云って正当化しても許せない自公政治がもたらした結果です。 »

2009年10月 9日 (金)

ノーベル平和賞のオバマ大統領の受賞を心から喜びます。これはアメリカ国内の反対勢力及び世界の反対勢力を牽制する大きな力と成るでしょう。

 昔、日本の佐藤栄作(岸信介の弟・元首相安部氏の叔父)が何故かノーベル平和賞を受賞した事が在るのですがその時は「何で?」と思いました。

 世界が大きく変化している事の証左ですね・・・

 オバマ大統領が今年プラハで「唯一の核兵器使用国として核兵器廃絶に同義的責任がある・・・」と発言した時、唯一の核兵器被害国家日本の政治社会でこの発言を大きく評価し、賛意を表明した政党日本共産党だけでした。  日本共産党は志位委員長の名前でオバマ大統領に直ぐ手紙を送り、大統領の発言を画期的な意義のある発言と評価し、オバマ大統領が我々の世代には実現しないかも知れないがとした事に、いや、今すぐにでも世界的交渉に入るべきですと激励したのです。それに対して大統領から返事が返ってきました。「非常に嬉しい・・」と。

 日本共産党がアメリカの大統領に手紙を出し発言を評価したことで、日本のマスメディアはその時色々に報道しました。  「日本共産党がアメリカ帝国主義に擦り寄った」とか「共産党の内部でも批判がある」とか「これから志位派と古参の幹部の間での派閥抗争が起きる」とかよく思い付くなと思うようなそれこそ色々な報道が在りました。

 その時の事で、特別にわたし達が銘記することは、マスメディアで報道された日本共産党に対する馬鹿馬鹿しい報道の名に値しない「報道」ではなく、当時の自民党と公明党の政権がアメリカに密かに要求した「核の傘だけはお願いします」と云った事であり、それを私も知っているような公ごとにしたのはアメリカ国会での報告でした。

 オバマ大統領の核兵器廃絶方針に反対する議員が「アジアでは核兵器の防衛力を望んでいる」として日本政府の「お願い事」を報告書の形で明らかにした為です。

 この度のオバマ大統領のノーベル平和賞受賞が、嘗ての自公政権の「お願い」の異常さを物語っています。
 同時に日本共産党が送ったオバマ大統領への手紙の内容が、とても大切だったことを物語っています。
 その手紙がオバマ大統領を励まし、世界からの核兵器廃絶の声がうねりの様になり国連でもこの流れが大きな主要な流れと成る世界状況から見ても至極当たり前の、常識的内容、しかし唯一の被爆国日本から唯一つ発信された手紙であった事の意義はとても大きいのです。

 オバマ大統領のノーベル平和賞受賞を、世界的変化を感じながら心から喜んでいます・・・

|

« 都知事発言が、オリンピック招致委員会から批判されました。石原氏だけでなく選んだ都民が批判されたと思わなくては・・・常識外の知事を選んだ都民。日本人の政治的未熟さと精神的野蛮さ・・ | トップページ | 路上生活一週間目・30歳男性の言葉「こんな人生、もう終わらせてもいいかなと思ってしまう」。どんなに言い訳を云って正当化しても許せない自公政治がもたらした結果です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都知事発言が、オリンピック招致委員会から批判されました。石原氏だけでなく選んだ都民が批判されたと思わなくては・・・常識外の知事を選んだ都民。日本人の政治的未熟さと精神的野蛮さ・・ | トップページ | 路上生活一週間目・30歳男性の言葉「こんな人生、もう終わらせてもいいかなと思ってしまう」。どんなに言い訳を云って正当化しても許せない自公政治がもたらした結果です。 »