« ヤサヱモン座こども三味線教室(文化庁委嘱事業)が今日群馬県赤城神社の秋季大祭に参加してきました。良かった・・・・ | トップページ | 77歳の母親が白血病の娘(53歳)さんを殺した悲劇を私は我が事のように悲しく想います。 »

2009年10月14日 (水)

教員免許更新制度廃止は賛成しますが、大学院修士号取得を必須条件にするべきでは在りません。

 教員免許更新制度は自公政権が当時、教育基本法改定と同様に教育を国家の政策に従わせる為に教師の自由な発想による教育を認めず、学校内に於いての教師の発言を押さえ込み、上司(校長・教頭)の云い成りになる教師集団を作り出すことが目的で出来上がった制度です。
  
 こんな憲法第19条「思想信条の自由」に反し、民主主義に反する恥ずべき制度は廃止されて当然です。
 この制度の為に、現場の教師はただでも忙しく教え子達の抱える問題に対してきちんと向き合えない現実が在ったにも関わらず、更に輪をかけて見向きも出来ない事態に立ち入っていました。
 上司に認められなければ教員として生きていけなくなるのですから・・・こんな不安な教師の精神状態でまともな教育なぞ出切る訳在りません。

 大学院修士課程終了による修士号取得を必須条件にすることに私が反対するのは、教師資格というものを一般的に短大を含め大学卒業という条件で誰でもが取得できる資格ではなく、更なる特別の教育期間・大学院修士課程終了というより高い条件を設定する事によって教師資格の取得条件を狭めるからです。

 戦前の日本は、師範学校を卒業した人だけに教師の免状を与えていました。その師範学校には一定の財産がある家庭の子女しか入学出来なかったし、師範学校では徹底した国家主義教育を教え込みその結果が軍国少年・軍国少女を大量に生み出し、アジア侵略戦争遂行の強力な牽引力に成りました。

 私は想うのです。
 良い教師、こどもにとって大切な教師は何もいわゆる専門的教育を長期間受けていなくても良いではないかと・・・大学院修士号取得が何故意味在るのか?

 現在の教育に求められていることは、教師のいわゆる「質」の問題で解決する事ではなく、社会全体の大きな方向、社会がこどもに期待する方向と、こどもの要望を聴く社会全体のシステムの構築とこどもを子ども扱いせず、きちんと一人の人間として対等に接する社会全体の姿勢ではないでしょうか。ここで間違ってはいけないのは決してこどもの犯罪に対して厳罰化しよう等と考えない事です。

 私は現在も忘れ得ない一生に残るような先生とめぐり合ってきています。その先生方が全て大学院修士課程を修了しているとは思えません。

 現在の教育現現荒廃の原因は教育現場に原因が在るのでは絶対在りません。
 教育現場の最前線の教師の資質に問題が在るのでは在りません。
 
 教師になれる資格は出来る限り国民的で在るべきです。昔、高等師範学校を出た多くの人たちから「私は高等師範を出た」と何となく優越感を持っている感じを私は受けます。優越感を持つような教師は現代の教師には成れないのです。他人より優れていたから教師に成ったなぞと想う教師は、教師として最高に相応しくないのです。

|

« ヤサヱモン座こども三味線教室(文化庁委嘱事業)が今日群馬県赤城神社の秋季大祭に参加してきました。良かった・・・・ | トップページ | 77歳の母親が白血病の娘(53歳)さんを殺した悲劇を私は我が事のように悲しく想います。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤサヱモン座こども三味線教室(文化庁委嘱事業)が今日群馬県赤城神社の秋季大祭に参加してきました。良かった・・・・ | トップページ | 77歳の母親が白血病の娘(53歳)さんを殺した悲劇を私は我が事のように悲しく想います。 »