« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

日本共産党の『都議会報告』ビラ配り最高裁有罪判決は、歴史の一ページに残る反民主主義判決です。表しようの無い怒りと、こんな判決をひっくり返す日を一日も早く迎える為に生き続けたい。

 ピザのデリバリー広告配布を見咎め110番する人はまずいないでしょう!
  
 「マンションの入り口に『チラシ・パンフレット等広告の投函は禁止します』と書いてあった。
 張り紙の内容や立ち入りの目的などからみて、立ち入りが管理組合の意思に反するものだったことは明らかで、荒川住職も認識していた・・・」「法益侵害の程度が極めて軽微とはいえない」。
 「表現の自由の行使のためとはいっても、管理組合の意思に反して立ち入る事は管理権を侵害する」。

 これが最高裁判所・今井功裁判長の論です。
 
 私はこの今井功裁判長の『論』変だと断じます。

 政党の議会報告は、多くの人たちに選挙で選ばれた自らの政党と議員がどのように議会で活動しているかの報告であり、議会制民主主義の国ならばどの政党も本来して然るべきことです。それこそ議会制民主主義の根本です。
 有権者に選挙の時だけ訴えて、その後の報告はしない、その方が余程おかしいと思いません・・・
 それで議会制民主主義が成り立ちますか?成り立ちません。

 民主主義とは手間隙かかる制度で、選挙で選ばれ議員に成ったらその後の活動を日常的に国民に報告し、支持してくれた人だけでなく、全有権者に活動を伝えて批判、意見を聴かなければいけないのです。それが国民の、或いは地域の人々に選ばれ税金で暮らす人の努めです。

 日常不断の議員の活動を国民に知ってもらい「あなた達が選んだ人が一体何をしているのか、議会ではどんな問題が討議されているのか?」それを出来る限りの多くの人々に情報として伝えていく事も、国民の中に民主主義を本当に根づかせようとするなら第一番に考えなければいけないのです。

 今井功氏も国民の税金で暮らす人の一人です。更に人を『裁く』人です。
 もっと重大なことは憲法判断まで出来る立場の人間なのです。

 ですから今度の判決で「表現の自由は無制限に保障されるものではなく、公共の福祉のために必要かつ合理的な制限を受ける」と云ったのです。

 国民が憲法に保障された「表現の自由」権と、マンションの「管理」権を同等に扱う。
 
 マンション入り口の『パンフレット・チラシ等広告の投函は禁止します』という張り紙の意味は厳密に言えば、広告の投函禁止です。
 都議会報告は先にも記したように議会制民主主義の要でありけっして広告では在りません。
民主党、社民党、自民党、公明党その他どの政党も本来しなければ成らない議会制民主主義の約束事のはずです。

 私は東京の稽古場に自民党のビラが配布されても、公明党のビラが配られても、それらがポストに溜まっていても見たくなければ捨てています。

 でも、私の知り合いの裁判官にもいるのですが「共産党は駄目だ!」という人が・・・

 こんな人結構裁判官でなくても居りまして、こんな人は日本共産党のビラ配布と知るとパブロフの犬のように110番するかも知れません、普通の意識の方はしませんけれど・・・

 110番に通報されて逮捕されるのは日本共産党の関係だけ、それが議会報告であっても・・・

 今度からは最高裁判所・今井功判決「お墨付き」でそんな事が増えるのでしょうか・・・

| | コメント (1)

2009年11月28日 (土)

私も犯罪者に成るような「ビラ配り」有罪を最高裁が出すはず在りませんよね?

 昼間、静かに、都議会報告(日本共産党の)をマンションのポストに配布していたら「住人」が現れ警察に通報し逮捕され理由は住居侵入罪・・・

 東京地裁は「常識的に認められる行為」として無罪。
 東京高裁は「有罪」。

そして30日に最高裁判決が出ます。

 今日の朝日新聞夕刊の記事見出しでは「ビラ配り有罪確定見通し」ですって・・・

 もしビラ配りが住居侵入の犯罪に成るのならこの世のなか成り立ちません。私達にとって大切な情報源です。
 
 「ああ蕎麦屋さんが出来たのか・・出前もしてくれるのかな?訊いてみよう」
 「洋服の直しやさんができたんだ・・・あのズボン直そうかな・・」
 「無料法律相談のチラシを見て相談が出来、やっと借金地獄から抜け出られました・・・ホットしています」
 
 誰でも一度や2度、それ以上にポストに配られるチラシに便利したこと在りませんでしたか?

 酷い迷惑しか受けていない人は滅多にいませんでしょ?

 或る人たちは、「意見を云いたければ街角でビラを配るとか方法は幾らでも或る」と云います。

 本当か?

 駅前で配られているチラシ受け取ったことありますか?
 会社の門前で配られている労働組合のビラ受けとっていますか?
 
 たいがい受け取らないか、受け取れないのがそれこそ常識です。
 触らぬ神に崇りなし・・かな?

 一軒一軒確実に届き、人の目を気にしないで見出しだけでも見られ、それを目にする人にとって本当に切実な欲しい情報を得ることが出来るとても大切な情報源だと思います。
 必要の無い人は無視すれば良いのです。その情報によって便利を享受し助かる人達がたくさんいる事が大切なのです。

 そんなビラ配りが犯罪とされることは、民主主義国家では絶対在り得ないことです。
 
 日本の憲法は「言論、表現の自由」を国民の権利として認め表記しています。
 
 私達が一番簡単に出来る表現のしかたとして、例えば小学校でバザー開催をしようとしたらチラシをご近所に配りますよ。勿論マンションも在ります・・・でもそれが犯罪だとと思えますか?

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

失業給付の「全国延長給付」を即座に実行しない民主党政権の『国民の目線』成る物のまやかしに多くの国民は気付かなければもっとコケにされます。

 私は政治が第一番にしなければ成らない事は国民生活を守ることだと思います。
 
 国民が一生懸命納める税金の使い道は、我々国民の生活を守ることにまず使われなければ成りません。
 そのための施策に予算がいくら必要であろうが、何がなんでも絶対執行しなければいけないのです。
 
 厚生労働省の調査結果では、解雇や雇い止めで仕事を失った人たちのうち今年の年末までに雇用保険の失業保給付が打ち切られる人は約39万人、更にそのうち6割の人たちが再就職できず収入が一切途絶えるそうです。

 直近の調査によると9月の完全失業者は363万人、失業給付を受けている人はその四分の一でもともと失業手当もなにも受け取っていない人達が圧倒的に多いのです。

 今日はまた随分冷え込んできましたが、今こそ私達には想像力が必要なのです。
自分が暖かな家に帰れるから、住まいも・収入も奪われる人たちのことを「私と関係ない」なんて思っていては余りにも想像力が欠如しているし、人間喪失の第一歩です。

 民主党鳩山内閣は日本共産党の小池議員が要求した『全国延長給付』に対して「財源に限りがあるので」と云う理由で賛成しません。

 自公内閣はいつも「財源が・・」と云い国民生活関連予算には賛成しませんでした。
 同じセリフで民主党も答弁しました。

 じゃあお聴きしましょう!
 
 そんなに国民生活を守る予算が無いのは何でか?
 政党生活(活動)を支える政党助成金にはお金が使えて何故国民生活は支えられないのか?
 立派な道路を造る予算には「財源に限り・・・」と云わず、何故国民の困窮時には「財源には・・」と云うのか?

 もっといっぱい在りますが皆さんもこの質問項目お考えに成りませんか・・・

 それって、結構為に成ると思うのですが・・・

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

民主党鳩山内閣のすることは基本的に自公政権と変わりません!期待した人たちが馬鹿みる鳩山政権のこれまで。或いは期待した人々が浅はかだったのか『も』・・・

 も、の字にかっこをしたのは私の確信だからです!
浅はかだったのだと、私は確信的に断言します・・・ 

 最近の国会の事態から言えば、自公政権が『得意』だった強行採決を連続して行ないました。それも、慌てるほど急ぎの法案では無いのに・・・

 沖縄アメリカ軍基地移転問題でオバマ大統領に鳩山首相が「私を信じてください」と発言しました。
オバマ大統領が先に普天間基地問題に触れました。「政権が変わったのだから、日米合意の見直し作業は支持する。ロードマップの修正も必要になる。だが基本は守るべきだ」。
 それに対する返事が「私を信じてください」です・・・何と破廉恥な、何と寂しい許しがたい発言でしょう。
皆さんこんな首相の出現を待ち侘びていたんでしょうか。

 失業保険の期限切れを迎える国民が大勢いて、明日から何も収入の無くなる多くの労働者が現実に昨年よりも増えることが厚生労働省の調査結果でも明らかなのに、『全国延長給付』の指令も出さない。これは内閣の閣議決定で出来る事なのですがしない・・・

 岡田外務大臣は「名護市への新基地建設案も論理的にはありうる」と云いました。私はこの人の頭脳構造を見たい。この人の云う「論理」とは屁理屈の事かと・・・

 またしても岡田大臣。「選挙中に演説したり喋った話は公約ではない」。
これ程国民を馬鹿にした話は在りません。自公政党でさえ云えなかったことです。

 こんなことを云いだす政党だったのです、民主党は。

 私は最初から信用していませんでしたが、多くの国民は信じました。
 多くの国民は期待しました。

 政権獲ってまだ僅かな時間しか経っていませんが、国民が深刻な問題としている緊急な事に何も答えません。
 選挙中に云っていた沖縄基地県外移設も変わりました。

 甘かったんではないでしょうか?国民の見る目が。

 私、多くの国民成る人々に問いかけたいのです。
 あなたは何が不満で何を真剣に変えようとしたのか・・・
 

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

オバマ大統領の天皇へのお辞儀のしかた私は変だと思います。何かとんちんかんな『日本の礼儀』を教えた人がいるのでしょう。

 報道写真でで見る限りオバマ大統領のお辞儀の仕方は変です。

 私は紋付・袴で正装していても、あんなに頭を下げません。
 背中を真っ直ぐにしたまま、首を前に折らずに腰を必要なだけ、実はここが大切なのですが曲げます。

 謝罪するのなら、腰を出来うる限り曲げますが、そうでないのなら必要以上には曲げません。
 
 当然です。

 このことをめぐってアメリカで「屈辱的態度」とか問題視されるのも当然でしょう。
それが所謂『保守派』でなくても私もそう思います。しかし日本では「礼儀正しい」とかとても評価が良い・・・
それってちょっと変じゃ在りませんかと私は思います。
   
 オバマ大統領がこのあいだ来日した時、飛行場に鳩山首相と共に出迎えた岡田外務大臣の姿を報道で見ていて、この人大丈夫かなと私は感じたのです。
 タラップから降りてきた大統領に対して、ただただ嬉しそうに首を前後に細かく揺すりながら、まるで憧れの芸能人と対面したような姿で出迎えたのです。日本の外務大臣が・・・・
 もっとも確かにこの方沖縄県のアメリカ軍基地問題でも、アメリカ云いなりの姿勢ですから当然なのかも知れませんが・・・まるで飼い主に久しぶりに会ったポチのようでした。

 私は例え外務大臣の姿でも情けなく感じたし恥ずかしかった・・・
 それがオバマ大統領の姿であったら、アメリカ国民が問題視するのも当然だと思いますし、日本国内での報道で知る限り、日本人関係者の発言は当然のように受け止めている発言ばかりです。

 変ですよ!
 天皇・皇后は腰も折らず、ただ「柔和」な顔して眺めているだけですよ。

 これが日本の礼法ですか?

 

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

私が政治的問題を余り記事にしなくなった理由。

 私のこのブログは殆ど政治問題を取り上げて来ました。

 昭和天皇の戦争責任から自公政治の罪悪、民主党の持つ本質的反国民性など・・・

 でも思ったのです、私のブログは意味が無く自己満足に過ぎなかったと・・・心から想ったのです。
 
 私が一所懸命立ち上げた記事は、特に暇人な「右翼」の暇つぶし相手にされただけでして、私自身が意味を感じなくなったのです。ですから自分の想ったこと、何か感じた時に自分の想いを書こうと想ったのです。
 きっとそれが個人の立ち上げるブログの「意味」だと、やっと解ったのです。

 長い年月がかかりましたね・・

 やっと普通の、自然なブログに辿り着けたような気がします。

 お楽しみ下さい・・・・
 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

フランク永井さんを私は敬愛します。彼の歌は15歳の頃から私の心に何故か甘く響いてきた・・・NHK衛星放送を見て想ったこと。

 フランク永井さんの歌は私の心にびんびんと伝わってきました・・・メロディーに乗って、悲しさと同時に。

 作曲家吉田正さんは、フランク永井さんの歌唱力と味(あじ)を想って作曲出来たことが幸せだったのではないかなと想います。

 私がしている伝統音楽長唄は歌詞が判りにくいのですが、それは唄いての努力によって解消できる部分が大きいと思うのです。

 フランク永井さんの曲はメロディー(旋律)としてはどれもこれも三味線音楽と同じように凄く似ている曲が多いのです。
 ところが、うたわれている内容(歌詞)が違い、それがストレートに聴く人に伝わるのです。ですから聴く人には新たな曲として受け入れられるのです。

 「有楽町で遇いましょう」も「あまえに」もみんな素晴らしいとても良い曲です。
 こんな作曲をしたいし、こんな素晴らしい歌い手にも巡り合いたい・・・・・・
 
 

 

 

| | コメント (4)

2009年11月 7日 (土)

民主党の選挙公約(マニフェスト)破りを許さないのと同時に民主党を選んだ人々に問いかけたいこと・・・

 沖縄県の米軍基地問題での岡田克也外務大臣の日本共産党・笠井議員への衆議院予算委員会答弁は民主党の本質を顕わにした答弁でした。再現しましょう・・・
 
 笠井議員「(嘉手納統合案について)『断じて許されない』と嘉手納町議会が全会一致で意見書を決議した」。
 岡田外相「日米安保条約は必要と考えるわが党と共産党の考えの相違だ」。

 日本共産党が沖縄県民の意思を突きつけて質問したにも関わらず「共産党との考えの相違」は応えになっていません。嘉手納町議会の意見書決議は日本共産党に左右された意見書ではないでしょ?

 私は民主党に伺いたい。
 
日米安保条約を日本とアメリカが対等な条約と考えているのか?
沖縄のアメリカ軍基地が県民に与えている酷い実態をアメリカに伝え『受け入れられない』と何故云わないのか?
アメリカ本国では許されないタッチ・アンド・ゴウと言われる危険と騒音をばら撒く夜間離着陸飛行訓練をはじめ危険な訓練が何故日本では許されるのか?
これでも対等と考えるのか?

 また岡田外務大臣は国民にとって不思議で変な理不尽な発言もしました。
「選挙中に民主党が話したことは国民への約束ではない」。

 では一体何を国民に何を伝えたくて「無駄な」お喋りを民主党の候補者・代表はしたのか?

 聴かされた国民は民主党が政権を獲れば実行すると思うはずです。
その国民が思う当然な事を「そうでは在りません。民主党が与党になっても必ずしもしません」と同じではないでしょうか。「ただお喋りしただけです」・・・と。

 民主党支持にこの間の選挙からなった有権者お一人、お一人に私は伺いたい。

 何を、どうしてくれると思って投票したのですか?

 それくらい有権者一人ひとりが考えなくては日本の将来は暗いと想うのですが・・・
 
 何かマスメディアから伝わる雰囲気に従ってなど論外です!無責任です!
わたし達の先人が選挙権が待てなかった時代に、普通選挙権を得る為に命を懸けて闘って勝ち取った、わたし達の幸福にとってとても大切な果実なのに雰囲気で権利を行使するなんて・・・無責任です。

 極自然な営みとしてこんな大勢の無責任者を作りだした権力者に心からの敬意を表します・・・
  

 

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

定時制高校に定員オーバーによって入学できない若い人々の深刻な事態を怒りを持って告発します。

 全国的に定時制高校に入学できない若者が増えています。

 かつて自公政府は定時制高校の統・廃合を率先的に進めてきました。
 
私はかつての記事で、定時制高校の統・廃合に反対して来ました。
 何故かと言えば、定時制高校は職場から近くなければ授業の開始時間に間に合わないからです。ですから統合なんて絶対考えられない発想なのです。もしそのような統合を考える人たちがいるとすれば、中学校を出たら直ぐ働くのは良いことだが、学ぶ事はどうでも良い、そう考えているとしか思えません。
 働きながら学ぶのです。職場の近くでなければ学校の授業に絶対間に合わないのは誰が考えても明らかなのですです。

 教育を受ける事は民主主義国家において国民の当然認められて良い権利です。
 国連も世界的な教育水準向上を目指しています。

 ですが、国民の教育水準向上は社会の不当な事実への抵抗心を更に呼び覚まします。

 正社員だった親もリストラされその後はちゃんとした就職が出来ず、不安定な雇用が蔓延する現在、中学校を卒業して直ぐ働きに出なければ成らない15歳・16歳の若者がたくさんいるのです。働きながらも勉強だってもっと続けたいと想うのが当然です。その道が閉ざされ出したのです・・・

 

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

明日は我が身か、裁判員制度への疑問。

 今日(2日)付け朝日新聞夕刊で知ったことは、裁判員候補に選ばれると裁判員に選ばれることを見越し、裁判の日程に合わせて三日間仕事を空けとかなければ成らない事でした。

 そして裁判所に行って裁判員に選ばれなかった時は午前中で作業が終了するので日当5千円を手にするそうです。日当の上限は一万円で、半日ですから5千円・・・空けておいた二日分は関係無しだそうです。
「割が合わなぬ」・・・・

 極めて「日本」的だなと私は思いました。
 根本的民主主義が国民の共通認識にもなっていず、国民の根底的部分にまで根付いていない日本では当然なのです。制度だけを先走らせて作った結果だと思いました。
  
 私は「割が合わぬ」という思いを声に出した人々を責めているのでは在りません。
 全く逆です。

 明治天皇制政府以降「近代国家」に成ったといわれる日本は、それ以前の時代に比べても近代国家の体を成していませんでした。世界史的に見て「近代国家」と言える要素が在るならば、それは国家的産業の育成であり、国家的軍事力の保持でしょう。それ以外に、それ以前の日本の歴史と変わるところは在りません。

 それは庶民・国民にとってはなにも変わらない生活の延長でした。
 徳川幕府の時代と何も変わらない生活・・・・

 主権なんていう言葉さえ知らない生活・・・
 権利なんていう言葉さえ知らない生活・・・
 更には、ただ思うだけで、或る思想を持つだけで死刑になる・殺されてしまう時代を迎えたのです。
 
 戦後民主主義とは云うけれど、国民の多くが掴む事が出来た実態は可なり歪曲されたもので民主主義とはかけ離れた部落差別・朝鮮人差別が存在し、対外的にはアメリカ隷属、国内的には貧富の差を当然視する考えでした。私自身が体験した行為や想いから言うのです。

 私達は本来の民主主義の理念を何も知らないし実体験も勿論経験していないのです。

 そんな私達に「人を裁け」なんて急に云われても当然正常な判断は出来ないと思います。
 その根拠の一つとして私は今日の朝日新聞夕刊で知ったことを記しているのです。

 「日当」。どうにもこの言葉は人の行為の善悪を法にてらして裁く裁判員が行なう行為の代価を表す言葉として
は余りにもふさわしくなく、理解しにくいのです・・・・。
 更に、裁判員候補として選ばれてしまった人への「生活保障」の担保が余りにも国民の深刻な生活実態とかけ離れていて認めることが出来ません。

 どこかの、生活に余り困らない偉い人が思いついた案が決まってしまったのでしょうか・・・・?

 何しろ、人の行為を裁くんです。
 その結果によって本人だけでなくその家族も含め決定的な事態に陥る可能性を持っていることなのです。
 それを、民主主義の「み」の字も大して体験していない人に委ねるなんて、一体誰が想い付いたのでしょう・・・

 私はどの様な刑罰を受けるとしても「辞退」、これが私の応えです・・・・

  

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »